日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

幸運の仲間
コウウンノナカマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年04月18日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

「陽気な女」に次ぐ佐伯清の演出作品で東宝、榎本健一劇団の提携作品。

スタッフ

製作
伊藤基彦
脚本
山下與志一
演出
佐伯清
撮影
中井朝一
美術
平川透徹
照明
平岡岩治
録音
神谷正和
音楽
服部良一
作詞
サトウ・ハチロー

ストーリー

これは東京隅田川べりに暮らす貧しい人々の物語である。啓一と勘太は仲の良い相棒であるが二人共大変臆病者で、どの仕事も失敗し失業している。簡易食堂カロリー軒の娘お新は二人の良き友であり、いつも二人を励ましている。二人がようやく探し当てた職業は街の清掃作業員の仕事で到底出来そうにもないと諦めて帰る途中疲労と空腹で倒れている美しい娘幸子を救った。そのため二人は危険な清掃夫の仕事を始めねばならぬ破目になる。やがて二人の娘に対する同情は恋に変わる。その恋は二人を喧嘩別れにする結果となった。しかし別れて仕事の出来ない二人は困って娘にどっちが好きか決めて貰おうと帰ってみると娘が居ない。二人は後悔して仲直りしているところへ娘が父親と恋人と共に現れた。二人は幸子に失恋した。しかし二人はもう臆病でなくなっていた。本当に働く者の真実の悦びと幸福を知ったのである。そして勇気と愛情はみんなをそれぞれに幸福にして新生の街に向かわせるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。