日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

スノープリンス 禁じられた恋のメロディ
スノープリンスキンジラレタコイノメロディ

作品名でWeb検索する

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督と「おくりびと」の脚本家、小山薫堂が贈るラブストーリー。昭和初期の山村を舞台に、貧しい少年と地主の娘の切ない初恋を描く。主演はTV『バッテリー』の森本慎太郎、『ちりとてちん』の桑島真理乃。「劔岳 点の記」の香川照之、「感染列島」の壇れいが脇を固める。

スタッフ

企画
中沢敏明飯島三智
エグゼクティブプロデューサー
亀山慶二
プロデューサー
椎井友紀子大野貴裕
共同プロデューサー
関根真吾
プロデューサー
宇生雅明
音楽
山梨鏡平
撮影
大塚亮
美術
原田満生
録音
阿部茂
照明
木村匡博
装飾
佐藤孝之
衣装デザイン
MASATOMO
衣裳/スタイリスト
宮本まさ江波多野芳一
メイク
豊川京子
編集
普嶋真一
スクリプター/記録
川野恵美
キャスティング
北田由利子
ライン・プロデューサー
松田憲一良
原作
小山薫堂
監督
松岡錠司

ストーリー

クリスマス前夜の東京。老婦人の早代(岸恵子)の元に古い原稿用紙の束が届く。孫の康子(マイコ)によると、見知らぬ老紳士(山本學)から預かったという。不審に思いながら読み始める早代だったが、そこには誰も知らないはずの70年前の早代の淡い恋の思い出が綴られていた。昭和11年、雪深い北国の村。両親を亡くした10歳の少年、草太(森本慎太郎)は炭焼きをする祖父の正吉とともに暮らしていた。貧しくて学校にも通えない草太だったが、幼なじみの早代(桑島真理乃)と秋田犬のチビに囲まれて幸せな日々を送っていた。早代の父で大地主の政光(香川照之)は2人が遊ぶことを禁じていたが、母のきよ(壇れい)が素直でまっすぐな草太をかわいがっていたことから、2人は一緒にいることができた。草太が一番好きなことは絵を描くこと。早代はそんな草太が真剣に絵を描くときの横顔が大好きだった。ある日、正吉の代わりに炭を売りにいった草太は、帰り道にお金をすられてしまう。泣きながら帰宅すると、正吉が“人を恨んではいけない”と優しく諭してくれるのだった。やがて、村にサーカスがやってくる。正吉からは禁じられていたが、早代に誘われてサーカスに忍び込んだ草太は、不思議なピエロ(浅野忠信)に出会う。萩尾という名のピエロは、絵描きになりたいという草太を励まし、夜空色の絵の具になるという幻の土を一緒に探す。萩尾のアドバイスで、一番好きなものを夜空色の絵の具で描くと決め、早代とともに夜の学校に向かう草太。早代の弾くピアノの美しい音色と月光に浮かび上がる横顔を心にしっかりと刻み込む。だが、正吉が亡くなり、サーカスの終わりとともに萩尾も姿を消すと、2人の幸せな日々にも終わりが訪れる。身寄りがなく、打ちひしがれる草太は必死に絵を描き続ける。そしてクリスマスの夜、完成した絵を届けようと、チビとともに激しい吹雪の中、早代のもとへ向かうが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。