日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

闇のまにまに 人妻・彩乃の不貞な妄想
ヤミノマニマニヒトヅマアヤノノフテイナモウソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年09月26日 
製作会社
新東宝映画 
配給会社
新東宝映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  

内田春菊の短編コミック集『闇のまにまに』をモチーフに「吸血少女対少女フランケン」の友松直之監督が映画化したエロティックホラー。倦怠期真っ只中の人妻のリアルな心の内を描く。出演はOV『AV(あぶ)ない奴ら』の琴乃、「kuchisake 口裂け」の竹本泰志、「おじさん天国」の山口真里、「四畳半革命 白夜に死す」の里見瑤子、「蟹工船(2009)」の貴山侑哉など。

スタッフ

原作
内田春菊
企画
衣川仲人
企画協力
石橋健司赤荻武遠藤祐司住田陽一
プロデューサー
池田勝
キャスティング
灘谷馨一
脚本
友松直之
撮影
飯岡聖英
ヘアメイク
江田友里子
VFX
鹿角剛司
スチール
山本千里
挿入曲
琴乃
エンディング曲
琴乃
監督
友松直之

ストーリー

25歳の人妻・溝口彩乃(琴乃)は、倦怠期真っ只中。夫・健司(貴山侑哉)との会話は最低限の挨拶と剣のある嫌味の応酬、ストレスとセックスレスで爆発寸前だが、何とか淡々と日常を過ごしていた。おかげで持ち前の妄想癖も次第にエスカレート。一人で肉体の疼きを癒すこともしばしばで、訪問販売の仕事を始めたのも何か刺激が欲しいからであった。そんなある日、門前払いをくらった訪問先のドア越しに見た世にも美しい“手”の不思議な感覚に魅了された彩乃は、その一瞬の光景が眼に焼きつき、またしても妄想が暴走を始める。同僚でトップセールスマンの西条とのめくるめく不倫の情事は、彩乃の肉体を釘付けにするが、このところ頻繁に顔を出すようになった女幽霊の存在も日増しに彼女を悩ませていく。なんとも刺激的で奇妙な日々を過ごしている彩乃だが、それは驚愕の結末へと誘い込む運命の渦に他ならなかった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。