日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿
アイボウシリーズカンシキヨネザワマモルノジケンボ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年03月28日 
製作会社
「鑑識・米沢守の事件簿」パートナーズテレビ朝日=東映=トライサム=小学館=朝日放送=メ~テレ) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

テレビドラマ『相棒』シリーズのスピンオフムービー。警視庁鑑識課の米沢守が主人公となって事件を追う。監督は「レッスン Lesson」の長谷部安春。出演は「受験のシンデレラ」の六角精児、「旅立ち~足寄より~」の萩原聖人、「蝉しぐれ」の市川染五郎、「子猫の涙」の紺野まひる、「歓喜の歌」の片桐はいり、「アキレスと亀」の伊武雅刀など。

スタッフ

脚本
飯田武
音楽
池頼広
監督
長谷部安春
原作
ハセベバクシンオー
主題曲/主題歌
エレファントカシマシ(宮本浩次、石森敏行、冨永義之、高緑成治)
製作
上松道夫鈴木武幸水谷晴夫亀井修水野文英吉田鏡
エグゼクティブプロデューサー
亀山慶二
企画
梅澤道彦中曽根千治
プロデューサー
松本基弘上田めぐみ香月純一西平敦郎
撮影
上林秀樹
照明
大久保武志
編集
只野信也
美術
伊藤茂
録音
高野泰雄
整音
室薗剛
音響効果
佐々木英世
スクリプター/記録
菅真彩子
制作担当
大沢忠生
ライン・プロデューサー
今村勝範
アソシエイト・プロデューサー
伊東仁遠藤英明土田真通
音楽プロデューサー
津島玄一

ストーリー

爆破テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。特命係・杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)が犯人を追う中、顔認証システムでマラソンの映像をサーチしていた鑑識課・米沢守(六角精児)は、そこに元妻・知子(紺野まひる)の姿を見つける。彼女は数年前、離婚届を残し米沢の前から姿を消していたのだ。翌日、知子の死体が発見されるが、実は彼女は同名の別人。ほっとする米沢だったが、証拠不十分なままの早すぎる自殺の結論に疑問を持った彼は、同じく異を唱える彼女の元夫で所轄の刑事・相原(萩原聖人)と共に極秘の捜査を開始する。相原は、マラソン大会の翌日に会う約束があった知子が自殺するはずがないと主張するが、現場に残された遺書は確かに彼女の筆跡。怨恨の線で殺されたと睨んだ二人は、知子の勤務先、警察の外郭団体・青少年防犯協会(青防協)に乗り込む。同僚の早苗(片桐はいり)から知子が人に恨まれる性格ではなかったと聞き出し、さらに経理課長の天野(市川染五郎)に知子が理事長・設楽(伊武雅刀)のセクハラを受けていたと知らされる。そんな中、青防協が警察の天下り先だったことから、米沢と相原に上層部から捜査中止の圧力がかかった。米沢は、捜査一課の伊丹(川原和久)、三浦(大谷亮介)、芹沢(山中崇史)から、設楽にセクハラで左遷された過去があったことを知る。だが、設楽には知子の死亡時の明確なアリバイがあった。知子の日記を探しにアパートへ赴いた米沢と相原は、部屋から盗聴器を発見、他殺の疑いをさらに深めるが、組織犯罪対策5課・角田(山西惇)からの情報で、知子が自殺に使ったとされる青酸カリをネットで買ったことがわかる。訝る二人に天野は、知子の横領の証拠となる預金通帳を差し出した。指紋も防犯カメラの映像も知子の犯行を裏付けているが、米沢はその不自然さに気付く。二人は、監察による24時間の監視の目をかいくぐり、いちかばちかの罠を仕掛けた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。