日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新春スーパー戦隊祭 劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」
シンシュンスーパーセンタイマツリゲキジョウバンエンジンセンタイゴーオンジャーバーサスゲキレンジャー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年01月24日 
製作会社
テレビ朝日=東映AG=東映ビデオ=東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
55分  

TVでは見ることのできない新旧スーパー戦隊の夢の共演で人気の“スーパー戦隊Vシネマ”シリーズ第15弾を劇場公開。2008年放送の炎神戦隊ゴーオンジャーと、前年放送の獣拳戦隊ゲキレンジャーが協力して悪に立ち向かう。出演は『花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』の古原靖久、「テニスの王子様」の鈴木裕樹。

スタッフ

原作
八手三郎
監督
諸田敏
脚本
香村純子荒川稔久
アクション監督
石垣広文
プロデューサー
佐々木基日笠淳和佐野健一加藤和夫矢田晃一
特撮監督/特技監督
佛田洋
音楽
大橋恵三宅一徳

ストーリー

かつて臨獣殿と戦い、世界に平和をもたらしたゲキレンジャーの前に新たな敵ヌンチャクバンキが突如現れる。その戦いの最中、ゲキレンジャーは蛮機族ガイアークから地球を守るゴーオンジャーに出会う。実はヌンチャクバンキは、ガイアークが臨獣殿の生き残りと手を組んで生み出した、臨獣拳アクガタを使う蛮機獣だったのだ。今や共通の敵となったガイアークに立ち向かう2大戦隊。だが、敵の策略によってゲキレッド=漢堂ジャン(鈴木裕樹)が持っていた“慟哭丸”が盗まれてしまう。それは、かつてゲキレンジャーが悪の無間龍ロンを封印したアイテムだった。慟哭丸を使ってある計画を実行しようとするガイアーク。しかしそれだけではなく、ゴーオンジャーにとって大事なアイテム“炎神ソウル”まで奪われてしまう。意気消沈する一同。そんなとき、ゴーオンレッド=走輔(古原靖久)の提案で、ゴーオンジャーはゲキレンジャーが身につけた拳法“獣拳”の修行にチャレンジ。正義の力が半減してしまうという烈波空間を舞台に、厳しい修行を乗り越えた2大戦隊が力を合わせて悪に戦いを挑む。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。