日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不撓不屈
フトウフクツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年06月17日 
製作会社
ルートピクチャーズ 
配給会社
角川ヘラルド映画 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
119分  

脱税の嫌疑をかけられた一税理士が国税庁・国税局と闘いを繰りひろげる。その中で税理士のひたすら自身の信じた道を行く、「不撓不屈」、その確たる生き方を描く骨太エンターテインメント。『金融腐食列島』の高杉良が、実話に基づき書いた小説を映画化。監督は「次郎物語」の森川時久。主演は滝田栄。共演に松坂慶子、三田村邦彦、夏八木勲、北村和夫ら実力派が結集した。

スタッフ

製作総指揮
綾部昌徳
企画
綾部昌徳
製作委員会代表
三宅國秀
プロデューサー
藤嶋磨人
原作
高杉良
脚本
竹山洋
監修
寺田昭男
脚本協力
正木文三龍
音楽
服部克久
撮影
長沼六男
美術
金田克美
照明
松井博
録音
北村峰晴
編集
奥原好幸
装飾
西渕浩祐
記録
甲斐哲子
キャスティング
阿部一夫
助監督
中西健二
衣裳
中山邦夫
監督
森川時久

出演者

ストーリー

会計事務所を営む税理士・飯塚毅(滝田栄)のもとに突如として税務調査が入った。飯塚は国税局に対し別件で税務訴訟を起こしていたが、今回の税務調査はそれに対する嫌がらせの意味が含まれていたのだ。国税局はそのうえ飯塚に脱税指導の嫌疑をかけてくる。国税局の狙いは飯塚の税理士資格の剥奪にあるようだった。誰もが飯塚に訴訟を撤回するよう忠告する。 そんな中、飯塚は関東信越国税局の竹内(三田村邦彦)と面会する。竹内には三年前、飯塚に所得税の更正処分を撤回すべし、と詰め寄られ、満座の中で恥をかかされた記憶が残っていた。ここぞとばかりに権力を振りかざす竹内。税理士法違反の容疑で飯塚の自宅にも強制捜査が入った。飯塚は社会的に抹殺されたも同然だった。そんな中、飯塚に思わぬ援軍が現れた。岡本忠五郎代議士(田山涼成)である。岡本が、税務署が一税理士の顧客の切り崩しを図っているという話を聞き、これは弾圧だと息巻き始めたのだ。岡本の活躍により飯塚家には再び平和が戻ったはずだった…が。事態はそれでは収まらなかった。国税局による飯塚会計士事務所への 第二次調査が開始されたのだ飯塚と国税庁・国税局の対決はいよいよ本格化して行く……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。