日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ちーちゃんは悠久の向こう
チーチャンハユウキュウノムコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2008年01月19日 
製作会社
「ちーちゃんは悠久の向こう」フィルムパートナーズ 
配給会社
シナジー 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

日日日(あきら)の同名小説を映画化。オカルト好きの千草と共に“学園七不思議”を探る悠斗の周辺で起き始める不可思議な現象と恋心が絡み合う。監督は東陽一や犬童一心などの現場にフリー助監督として参加し、本作がデビュー作となる兼重淳。出演は「時をかける少女」で声優をつとめた仲里依紗、「バッテリー」の林遣都。

スタッフ

監督
兼重淳
製作
黒川文雄尾越浩文岡田真澄竹内茂樹松崎義行佐藤憲夫
プロデューサー
鈴木淳一宇田川寧柴原祐一
ラインプロデューサー
岩本勤
脚本
山室有紀子兼重淳
原作
日日日
撮影
伊東伸久
照明
木村明生
音楽
北城浩志(Di'LL)北城かずみ(Di'LL)
音楽プロデュース
長岡和弘
録音
藤本賢一
編集
日下部元孝
衣装デザイン
宮本まさ江
ヘアメイク
清水惇子
スクリプター
小林加苗
VE
佐藤隆彦
装飾
遠藤雄一郎
制作主任
山田哲也

ストーリー

ちーちゃんこと歌島千草(仲里依紗)と、モンちゃんこと久野悠斗(林遣都)。ふたりは幼馴染である。ちーちゃんは、小さな頃から怪物話などをよくするオカルト好きな女の子だった。月日は流れ、ふたりは高校に進学し、同じクラスになる。入学早々遅刻して先生に叱られるモンちゃんの後から、ちーちゃんは悠然と教室へ入っていく。少しずれた感じは、子供の頃から変わっていなかった。モンちゃんの家庭は平穏とは呼べず、荒れた父親から逃れるように、モンちゃんはちーちゃんと過ごす時間が増えていく。家庭の問題も打ち明けられるちーちゃんを、モンちゃんは唯一の居場所のように感じていた。弓道部に入ったモンちゃんに、部長・武藤白(高橋由真)が何かと目をかけてくる。一方ちーちゃんはオカルト研究会に入り、部室で高校に伝わる“七不思議”ノートを発見。7つ目の謎である“聞き耳桜”は、6つの謎を全て経験したものだけに願いを叶えてくれるという。嫌がるモンちゃんを引き連れ、早速“七不思議”めぐりをはじめる。血染めのピアノ、苔地蔵、彼は誰の鏡…めぐっていくうちに、ふたりの周辺には不可思議な出来事が起こり始める。次第に、それらはモンちゃんが抱えてきた秘密をも明らかにしていく。桜も散ったある日、同級生が急死する。その同級生は、以前ちーちゃんに促されたモンちゃんが、いじめられているところを助けた女の子だった。その死を聞いたちーちゃんは「彼女をモンちゃんに近づけないでと、苔地蔵に願ったせい」と涙を流す。同じ日、モンちゃんは武藤先輩から告白を受ける。ふたりが別れてから、武藤先輩のあとを追いかけ、バスの中でちーちゃんは声をかけるが、武藤先輩にはちーちゃんの声が届かない。そして、バスの運転手にも…。翌日、学校に来ないちーちゃんをモンちゃんは探しに行く。着いた場所は、あの“聞き耳桜”だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。