日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒の天使 Vol.1
クロノテンシボリュームワン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1998年05月30日 
製作会社
松竹作品ZUNAC-PROJECT制作協力*ファム・ファタル) 
配給会社
松竹 
レイティング
R指定  
英語名
 
上映時間
106分  

復讐に燃える女ヒットマンの姿を描いたノワール・ムード漂うアクション活劇。監督・脚本は「GONIN2」の石井隆。撮影は佐藤和人。主演は「パラサイト・イヴ」の葉月里緒菜、「陽炎3」の高島礼子。98年シアトル国際映画祭正式出品作品。

スタッフ

プロデューサー
石井隆百田英生佐々木裕二
監督
石井隆
原作
石井隆
脚本
石井隆
撮影
佐藤和人
照明
牛場賢二
美術
山崎輝
編集
川島章正
音響効果
渡部健一
音楽
安川午朗
録音
杉山篤
アクションコーディネーター
柴原孝典
ガンコーディネーター
納富貴久男
衣装デザイン
小野今朝義
メイク
金森恵
スチール
原芳市
助監督
松本泰生

ストーリー

一光は6才の時に暴力団の内部抗争に巻き込まれ、目の前で親を殺される。安田と黒の天使と呼ばれた女ヒットマン・魔世に助けられアメリカへ渡った一光は、数年後復讐心を胸に帰国。魔世を慕う一光は、自らも黒の天使と名乗り行動を開始する。復讐の相手、野木は一光の父親の跡目を継いで、今や黒社会を牛耳るまでの存在になっていた。だが、義理の姉である千明が野木の愛人に、そして命の恩人であり理想の女性であった魔世が麻薬漬けにされた挙げ句、野木の情婦に身を堕としていることを知り、一光は大きなショックを受ける。しかし、そんな魔世に失望しながらも、一光は野木への復讐を開始する。その姿に心を打たれた魔世は、麻薬や野木と手を切り、一光を守ることによってかつての自分を取り戻そうとする。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。