日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鬼火(1997)
オニビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1997年04月19日 
製作会社
GAGA PRODUCTIONS制作協力*エクセレントフィルム) 
配給会社
ギャガ・コミュニケーションズ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

殺し屋としての運命に翻弄される男の姿を描くハードボイルド。監督は「新・極道記者 逃げ馬伝説」の望月六郎。「シャブ極道」の原作者としても知られる弁護士・山之内幸夫による原案をもとに、「野獣死すべし(1997)」の森岡利行が脚本を執筆。撮影を「truth」の今泉尚亮が担当している。主演は「海ほおずき The Breath」の原田芳雄。望月作品常連の奥田瑛二が敵役として重要な役どころを演じるほか、「チンピラ」の片岡礼子が共演。97年度キネマ旬報ベスト・テン第5位。望月六郎が、本作のほか「無国籍の男 血の収穫」「恋極道」を合わせた3本により監督賞を受賞した。

スタッフ

企画
山地浩
製作
山地浩
原案
山之内幸夫
プロデューサー
千葉善紀木村俊樹南雅史
脚本
森岡利行
音楽
神尾憲一
撮影
今泉尚亮
照明
櫻井雅章
美術
柴田博英
録音
佐藤幸哉
編集
島村泰司
助監督
中村和彦
製作担当
小松俊喜
監督
望月六郎

ストーリー

かつて“火の玉”と呼ばれ、極道社会でその名を馳せたヒットマン・国広が、刑期を終えて娑婆に戻ってきた。国広がいた組はすでに解散し、かつて敵対していた明神組の傘下で外様の組長となっている谷川だけが、今も国広を兄貴分と慕って迎え入れる。今度刑務所に入ったら死刑になってしまう国広は、極道の世界から足を洗い、刑務所で知り合ったホモの坂田の部屋に居候しながら、堅気として生きていこうと決めた。しかし、谷川から明神組組長・明神が表向きに経営する金融会社の運転手の仕事を紹介された国広は、闇融資金の取り立てで手柄を立てたことから、正式な組員として明神組に迎え入れられる。明神組関連の高級クラブで出会った、アルバイトのピアノ弾きの麻子を一目で気に入った国広は、夜伽に彼女を所望した。麻子はこれを拒まなかったが、国広は坂田の部屋で添い寝するだけで手を出そうとはしない。そんな彼に、麻子は「殺したい男がいる」と言って、妹を酷い目にあわせた藤間という男の話をした。国広は銃を手に入れ、麻子に犬を撃ってみるように促し、殺すことの意味を諭す。そうして麻子もまた国広に魅かれていった。ある日、国広は麻子を伴って藤間をこっぴどく脅し、麻子こそ藤間に辱められた被害者本人であることを知る。その後、国広と麻子は激しく求め合った。ところが、藤間が明神組傘下の藤間組組長の実兄であったことから事態は急変する。国広は明神組を追われることになり、再び堅気の生活に戻ることを強いられた。それは新しい人生の始まりを意味していた。国広は印刷工の職に就き、新たに部屋を借りて麻子とともに暮らし始める。その矢先、坂田が何者かによって殺された。国広の破門だけでは収まらない藤間への示しとして謀殺されたらしい。これを黙認する明神の態度に不満を抱く谷川も、何者かの密告により警察の取り調べを受ける羽目になった。何とか麻子との暮らしを守ろうとしていた国広の内に、再び鬼火が燃え上がる。言葉もなく麻子へ別れを告げた国広は藤間兄弟を撃ち、警察に逮捕された。そんな国広を見た谷川もまた、彼を追いつめた明神に銃口を向ける。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。