日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

猿飛佐助 闇の軍団
サルトビサスケヤミノグンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2004年10月02日 
製作会社
シネマパラダイス 
配給会社
シネマパラダイス 
レイティング
 
英語名
 
上映時間
127分  

甲賀きっての精鋭部隊・闇の軍団。その知られざる忍者修行の実態、そして徳川・豊臣の天下争いの中でたくましく、したたかに生き抜いてゆく忍びの人間たちを描いたアクション時代劇。主役の猿飛佐助を堂々演じるのは、時代劇ファン待望の松方弘樹。ほか『ウルトラマンガイア』の吉岡殻志をはじめとする若手イケメン俳優が脇を固め、スクリーンの中を縦横無尽に暴れまわり斬りまくり、忍者アクションの新境地を拓いた。

スタッフ

製作
夏山易子夏山静香
企画
夏山佳久
プロデューサー
前田茂司
監督
宮坂武志
原案
夏山佳久
脚本
水上竜士石倉保志
撮影
富田伸二
照明
大坂章夫
美術
塩田仁
編集
大船陽介
音楽
野島健太郎

ストーリー

時は慶長二十年(1614年)。これまで豊臣政権の象徴とされてきた大阪城は、徳川家康(菅原文太)が出した「大阪冬の陣」の講和条件によって、すでに外堀までが埋め立てられ、さらに工事は豊臣秀頼との和議を無視して内堀へと進んでいた。家康が次に何をするかは、豊富側武将たちには誰でも予想できたに違いない。そしてそのほとんどの武将たちは、自分たちの命運をかけ、来たるべき最後の決戦に備えていた。そんな一瞬即発の戒厳下、徳川転覆を企てる真田幸村(高松英郎)は、信頼する配下の忍び・猿飛佐助(松方弘樹)とともに、最後の賭けに出ようとしていた。それは、徳川軍が大阪城に攻め込む前に、徳川総大将を討ち取ること、すなわち徳川家康の暗殺だった! 猿飛佐助は全国各地から選りすぐりの忍びを集めると、過酷な鍛錬修行によって忍びたちをふるいにかけ、残った者たちで密かに家康暗殺部隊を作ろうとする。我が魂を天下に捧げ、闇に生き、闇に死す。それが猿飛佐助率いる史上最強の「闇の軍団」の誕生であった。だが、そんな彼らの前に家康暗殺計画を阻もうとする巨大な敵が現れる。家康もまた、真田幸村を暗殺しようと優れた忍びを送り込んでいた。すでに時間の猶予はない。佐助はまず、若者たちの指南役である小助(本田博太郎)と闇の忍びたちとで、九度山に幽閉されている真田幸村を丹波山へ脱出させようと試みる。しかし、その計画は密かに潜入していた敵の密偵と妖術使いである卍(弓削智久)、その仲間の鉄丸(山口祥行)の連携によって幸村と佐助、そして集められた忍びたちは、絶体絶命の危機へと追い込まれてゆく。間一髪でそこに駆けつけた闇の軍団も、卍の恐るべき幻術によってひとり、またひとりと倒される。くの一である楓、その兄・亮太(松田賢二)、そして指南役の小助までもが、卍の前に屈してゆく。幸村は、佐助とその右腕の闇猿の機転によってかろうじて脱出できたものの、闇の軍団は確実に窮地に追い込まれてゆく。時はまさしく天地を分ける乱世。その命運は、真田幸村、猿飛佐助とこの闇の軍団たちに委ねられた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。