日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

武闘派仁義 全面抗争篇
ブトウハジンギゼンメンコウソウヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1993年12月27日 
製作会社
イメージファクトリー・アイエム作品製作協力・エイコーテクニカ) 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

牛次郎原作のコミック『掟の紋章』(実業之日本社・刊)を映画化した「武闘派仁義」の続編。卑劣な極道たちに闘いを挑む男の姿を描く。監督は前作に引き続き佐々木正人が担当。

スタッフ

プロデューサー
木村俊樹
監督
佐々木正人
脚本
中田昌宏
原作(作)
牛次郎「掟の紋章」
原作(画)
那須輝一郎「掟の紋章」
撮影
田中一成
照明
吉角荘介
美術
石毛朗
録音
川田保
スチール
加藤光男
スタント・コーディネーター
森岡隆見

ストーリー

かつて、腐りきった経済ヤクザの組長を殺害した児島武士は、“親殺し”のレッテルを貼られ、組や警察から逃れてドヤ街に身を隠し、肉体労働者として毎日を送っていた。ある日彼に地元のヤクザ、鎌田組から誘いがかかる。ドヤ街の住人を立ち退きさせれば、武士をヤクザ社会に復帰させるという。鎌田組はここが再開発地区に指定されることを見越して、今のうちから住人を立ち退きさせているのだ。しかし、あまりにも非道な鎌田組のやり方を見て、武士は申し出を断る。鎌田組と住民の対立が深まる中、住人のなかで一番短気な神谷次郎が組の事務所に殴り込みをかけてしまった。傷めつけられる次郎を思わず助けてしまう武士。彼は次郎に、昔死んだ子分・銀次の面影を見たのだ。武士は鎌田組と闘う覚悟を決め、単身殴り込みをかける。激しい闘いの末、武士は鎌田組を倒すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /16mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。