日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

14歳
ジュウヨンサイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年05月19日 
製作会社
ぴあ/TBS/TOKYO FM/IMAGICA/NTTレゾナント/ヒューマックスシネマ 
配給会社
ぴあ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
114分  

学校という閉塞された空間を舞台に、14歳の生々しい姿とそれに向き合う大人の姿を描いた異色の人間ドラマ。「ある朝スウプは」の映像製作ユニット“群青いろ”によるPFFスカラシップ作品で、廣末哲万が監督・主演を、高橋泉が脚本をつとめる。2007年のロッテルダム国際映画祭でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞。

スタッフ

監督
廣末哲万
脚本
髙橋泉
プロデューサー
天野真弓
撮影
橋本清明
照明
清水健一
録音
林大輔
美術
松塚隆史
音楽
碇英記

ストーリー

26歳の深津稜(並木愛枝)は中学教師になっていた。14歳の頃、学校の飼育小屋が放火され、いつも理科室でビーカーの中の紙を燃やしていた彼女は犯人に疑われ、問い詰める教師の背中に彫刻刀を突き刺したことがあった。以来、精神科に通院していた深津は、医師の影響で教職の道に進んでいたのだった。杉野浩一(廣末哲万)は深津の元同級生で、電気会社の測量士になっていたが、夢中になれるものは何一つなかった。14歳の頃の彼はピアノを弾くことに夢中だった。しかし、音楽教師に「そろそろ真剣に進路のことを考えないとな」と言われ、ピアノを弾くことを封印したのだった。ある日杉野は上司に頼まれ、アルバイトとして14歳の少年、雨宮大樹(染谷将太)にピアノを教えることになる。大樹は母親の愛情を処理しきれず、同級生からの好意にも歪んだ感情をぶつけることしかできなくなっていた。一方、深津が家庭訪問した一原知恵(小根山悠里香)は、受験勉強のために大好きなバレエを辞めさせられ、大人を信用できずに苛立っていた。そんな14歳の少年・少女たちと向き合う深津、杉野が12年ぶりに再会する。そして二人は、現実の14歳を生きる彼らを相手にするうちに、14歳だった過去の自分たちと対峙することになるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。