日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黄色い涙
キイロイナミダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年04月07日 
製作会社
ジェイ・ストーム 
配給会社
ジェイ・ストーム 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
128分  

漫画青年にとっては教祖的な存在として多くの支持を得ていた永島慎二の代表作のひとつ『黄色い涙/若者たち』の映画化で、1963年の東京を舞台に若者5人の交流を描いた青春ストーリー。監督は「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」の犬童一心。出演は人気アイドル『嵐』の二宮和也、相葉雅紀、大野智、櫻井翔、松本潤のオールメンバー。

スタッフ

監督
犬童一心
原作
永島慎二
エグゼクティブプロデューサー
藤島ジュリーK.
プロデューサー
三木裕明原藤一輝長松谷太郎
脚本
市川森一
撮影
蔦井孝洋
照明
疋田ヨシタケ
録音
志満順一
美術
磯田典宏
装飾
西渕浩祐
スタイリスト
宮本まさ江
VFXスーパーバイザー
古賀信明
編集
上野聡一
スクリプター
天池芳美
キャスティング
杉野剛
助監督
久万真路
共同プロデューサー
田口聖
製作担当
金子堅太郎
音響効果
岡瀬晶彦
タイトル
赤松陽構造
音楽プロデューサー
安井輝
音楽
SAKEROCK

ストーリー

1963年、晩春。早朝の大宮駅と赤羽駅に、それぞれが<夢見る卵>である四人の若者がいた。漫画家の村岡栄介(二宮和也)、歌手の井上章一(相葉雅紀)、画家の下川圭(大野智)、小説家の向井竜三(櫻井翔)。彼らはある計画を実行しようとしていた。その計画とは、栄介が癌に侵された母・きぬ(松原智恵子)を郷里の富山から東京の大病院に入院させるために考えたものだった。若者たちはみな東京の阿佐ヶ谷で暮らしていた。栄介は行きつけの喫茶店『SHIP』で求人広告をメモしていた竜三、食堂で無銭飲食をしようとした圭、栄介が住むアパートの隣人である章一にアルバイトとして医者に扮してもらい、東京に行くことを嫌がるきぬを病院まで送り届ける手助けをして欲しいと頼んだのだ。そして、迎えた当日。栄介は3人に芝居をしてもらい、妹・康子(韓英恵)に付き添われたきぬを病院へ搬送することに成功する。阿佐ヶ谷にある食堂『さかえや』。バイト代を礼の言葉とともに3人に渡す栄介。食堂の娘・時江(香椎由宇)がカツ丼を4人のもとに運んでくる。時江と章一は互いにほのかな想いを寄せていた。しかし、章一は北海道の実家へ帰ると時江に告げる。食事を終え、店の外で別れの挨拶を交わす4人。そこに米屋で働く勤労青年・勝間田祐二(松本潤)が章一に別れを言いにやってくる。栄介を残して4人が去っていく。数日後。栄介の六畳一間のアパートに突然、圭がやってくる。さらに竜三が警察にやっかいになったとの電話が入り、身元引受人として栄介が呼ばれる。そして章一も帰ってくる。章一の出戻りを喜ぶ時江。再会を祝して酒を飲もうということになり、買い出しに行こうとする栄介を呼び止める女の声がする。アシスタント時代をともにした西垣かおる(田畑智子)だった。当時ふたりは恋仲にあったが、かおるは漫画家になることを諦め結婚し、人妻となっていた。その日の深夜。栄介の部屋で酒を呑み、唄い、夢を語り合う4人。こうして、彼らの共同生活が始まった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。