日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

本気!(1991)
マジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1991年04月13日 
製作会社
東映テレビ朝日 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

冷酷無情なヤクザ社会の中で揉まれながらも、男として成長していく若者の姿を描く。立原あゆみ原作の同名コミックの映画化で、脚本は笠井健夫が執筆。監督は「はぐれ刑事純情派」の吉川一義。撮影は「ふうせん」の池田健策がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
岡田裕介増田久雄
プロデューサー
小島吉弘空閑由美子
原作
立原あゆみ「本気!」
脚本
笠井健夫
監督
吉川一義
撮影
池田健策
美術
高橋章
照明
篠崎豊治
録音
柿沼紀彦
編集
只野信也
助監督
大津是
進行主任
山田稔
スチール
加藤光男
擬斗
オフィス國井
刺青
霞涼二

ストーリー

やくざの世界に足を踏み入れたばかりの渚組のチンピラ本気は抗争で兄貴分の桃次を失い、命のはかなさを感じていた。そんなある日、川辺でよく出会う高校生の久美子に一目惚れしてしまった本気は、純粋に愛していくが、久美子と一緒にいればいるほど二人の世界の違いを感じるのだった。桃次の死から数週間が経ち、異例の早さで一本立ちを果たした本気は、久美子とのせつない気持ちを居酒屋で出会った男に打ち明ける。その男こそ関東一円にその名を轟かす風組総長・風岡翔だった。一方、久美子のことを巡って兄貴の六助に怪我を負わせた本気は、久美子のためを思い少しずつ離れていく。だが、その組内部の微風は直後に起こる渚組組長の突然の死によって跡目争いへと変わっていった。渚組幹部の菊地は周到な根回しによって、同じく幹部の平河内派の小谷、長谷川らを抱き込み、組長の座を奪い取るが、風岡がその策略を封じるかのように組長からの遺言を伝え、平河内が渚組組長になる。それによって渚の代紋を捨てた菊地は、菊地組を結成して戦争を仕掛けてくるが、本気の防御の前に失敗。菊地はその報復に久美子の名を使い、本気に不意打ちをかける。そして、ついに心の底から怒った本気は、久美子への想いを心に秘めて、菊地組へ殴り込みをかけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。