日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あした元気になーれ! 半分のさつまいも
アシタゲンキニナーレハンブンノサツマイモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2005年07月02日 
製作会社
「あした元気にな~れ!」製作委員会 
配給会社
「あした元気にな~れ!」全国配給委員会 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90  

作家・エッセイストとして活躍する海老名香葉子の『半分のさつまいも』(くもん出版)を原作に、戦災孤児となった兄妹が明るくたくましく生きていく姿を描く感動ドラマ。総監督は「チンパオ」「ウィニング・パス」の中田新一、監督に「ジャングル大帝」の竹内啓雄、作画監督に『伝説巨神イデオン』の湖川友謙。

スタッフ

総指揮
綾部昌徳
企画
中田新一
原作
海老名香代子「半分のさつまいも」(くもん出版)
製作委員会会長
三宅國秀
総監督
中田新一
プロデューサー
綾部昌徳
プロデューサー配給担当
藤島継男
アドバタイジングプロデューサー
櫻井五十男
宣伝プロデューサー
小澤明夫
監督
竹内哲雄
脚本
中田新一竹内哲雄
音楽
川崎真弘
作画監督
湖川友謙
キャラクターデザイン
湖川友謙
美術監督
松宮正純
美術設定
田中資幸
色彩設定
海鋒重信
撮影
桑良人
音響監督
田中英行
演出
矢吹勉
制作プロデューサー
浅利義美
主題歌
林明日香「蓮花」(東芝EMI)

ストーリー

かよ子(声:上戸彩)の家は、東京の下町、昔の住所でいえば本所区立川にあった。家の屋号は「竿忠」といい、父(林家こぶ平)は釣り竿作りの職人で、母、祖母、4人の兄弟、一家7人で暮らしていた。戦局がきびしくなり、かよ子は沼津の静江叔母さんの家に縁故疎開する。米軍の29による本土空襲は本格的になり、昭和20年3月9日未明、後に「東京大空襲」とよばれる空襲で東京の下町一帯は火の海となった。家族の無事を祈っていたかよ子の元にやって来た兄の喜三郎(うえだゆうじ)は、衝撃的な事実を伝える。喜三郎以外の家族全員が亡くなったのだ。昭和20年8月15日、終戦。かよ子は静江叔母さんの元を離れ、東京中野の菊重伯母さんの家で新しい生活を始める。たった一人の家族となった喜三郎は、伯母夫婦と折り合いがつかず、行方知れずの状態に。かよ子にとっても中野の家は、決して居心地のよいものではなかった。5才のゆりちゃんの面倒をみ、家事を手伝い、時には「買出し」に行くこともある。小さなかよ子には過酷なものだったが、「いつか兄ちゃんと会える」という夢が、心の大きな支えになった。その頃喜三郎は、下町浅草にいた。浅草寺の瓢箪池のまわりに立ち並ぶ闇市の一角に小さな店を出して、同じ境遇の戦災孤児仲間と商売をして、生活の糧を得ていた。しかし、非力な子どもたちに対して闇市の組合は卑劣な圧力をかけてくる。かよ子は必死に喜三郎を探すが、なかなか出会うことが出来ない。いつしか家族と住んでいた立川に来たかよ子だが、かつてお客さんで賑わっていた〈竿忠〉は瓦礫の山になっていた。「ただいま、父ちゃん! ただいま、母ちゃん!」と叫ぶが、返ってくる声はない。悲しさが胸を締めつけ、涙がとどめなくかよ子の頬を流れる。かよ子のなかで、「兄ちゃんがここを継いでくれればいいんだ。ここで一緒に暮らせばいいんだ」という思いが生まれる。ところがある日、〈竿忠〉の跡地を売渡すという伯母夫婦の話を聞いてしまう。かよ子は一大決心をして、伯母の家を出ることにする。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。