日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

狭山裁判
サヤマサイバン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1976年10月16日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

昭和三十八年に起こった狭山事件をもとに映画化したもので、被差別部落出身の一青年が、国家権力の巧妙な罠に陥れられて青春を奪いとられていく経過を描く。脚本は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の野波静雄、監督は阿部俊三、撮影は「トラック野郎 天下御免」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
野本勝彦阿部俊三
原案
阿部俊三
脚本
野波静雄
監督
阿部俊三
撮影
仲沢半次郎
音楽
津島利章
美術
安部衛
録音
長井修堂
照明
銀屋謙蔵
スチール
加藤光男藤井善男遠藤努
編集
田中修
助監督
田村孟
制作補
武田英治

ストーリー

昭和三十八年四月末。仮面AとBは、中田善枝の誘拐をたくらみ、仮面Cが善枝をBの家に連れ込み、欲望を充たすため仮面Aは、善枝を犯し首を締め殺害する。そして、脅迫状を送り姉・登美枝から金をうばって逃亡。警察は、犯人をとり逃がし公開捜査に踏み切った。堀兼農協の前では、区民たちが事件を知り、被差別部落民の仕業とさわぎだす。捜査に行きづまった警察は被差別部落民の石川一雄を犯人にデッチ上げる。警察当局は石川に対し、拷問や恩情を巧みに使いわけ自白に追い込む。しかし当局との約束の十年という刑に反して、一審で死刑の判決を受けた石川青年はここで、被差別部落民である自分が罠にかけられたことに気づくのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。