日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
カワチノオッサンノウタヨウキタノワレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1976年12月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

ミス花子の同名のヒット曲をもとに、ド助平だが、男気があって、度胸があり、情にもろい河内男の心意気を描いたシリーズ二作目。脚本は「広島仁義 人質奪回作戦」の松本功と「河内のオッサンの唄」の関本郁夫と同作の高田純の三人の共同、監督は「河内のオッサンの唄」の斎藤武市、撮影は「爆発!750CC(ナナハン)族」の出先哲也がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
坂上順
脚本
松本功高田純関本郁夫
監督
斎藤武市
撮影
出先哲也
音楽
鏑木創
美術
藤田博
録音
長井修堂
照明
川崎保之丞
スチール
遠藤努
編集
田中修
助監督
福湯通夫
進行主任
志村一治
製作宣伝
小田和治

ストーリー

飲んだくれでバクチ好きの河内のオッサン徳松達も、年末ともなると女房連に尻をひっぱたかれ、やむなしモチ代をかせぎに大阪へと出かせぎに行く。フトコロも少しは、あったかくなって、河内への帰り道。ついうかれて、入ったアルサロで、助平根生を出した徳松ら長屋の連中は、サイコロバクチにひっかかり、せっかくの虎の子もスッテンテン。このまま帰ったら、カアチャンたちから、ドツかれるとワラをもつかむ思いで競艇場へと行った。そこで、バクチの大天才、通称・先生とめぐり会う。この先生の霊感を聞き、最後の金で大穴をあてる。意気揚々として河内へ帰った。ところが河内では一大事件がぼっぱつ中。徳松達の長屋の大家・忠三郎。これがまた大のバクチ好き。忠三郎は、暴力団・難波組とのバクチに長屋の権利書を持ち出した。正月を前に家を取り上げられたら一大事。徳松達は再び先生の霊感をたよって窮地を切り抜けた。ところが、河内松原を一大風俗街として、大もうけをたくらんだ難波組は、次々と悪どい手口でのっとりをたくらんできた。一方、先生とは、実は一目惚れした女に会社の金、一千万円を使い、公金横領犯として指名手配中の人物であった。そんなある日、アルサロのホステス陽子とひょんな事から知り合った徳松は、彼女が先生の一目惚れの相手であることを知った。徳松のはからいで二人は久し振りの再会。陽子は先生に対し、冷たい態度をとった。陽子に振られてしまった先生は、出直しを決意し、旅へ出発。てんやわんやの河内松原もひとだんらくと思ったのもつかのま、難波組の上部団体・横浜大東組から、鬼頭という人物が派遣されて来た。長屋は再び危機を迎える。たこ焼き屋の千吉は、土地を買っていただけに強きの態度で出た。鬼頭はこの仙吉の土地の権利書をねらった。徳松はそんな鬼頭のやり口に、我慢ができなかった。そして、ついに彼は単身、仙吉の権利書を持って、大東組の本拠地・横浜へのりこんだ。仙吉の権利書をもって一か八かの勝負を賭ける徳松は、そこで先生と再会。これぞ救いの神とばかり徳松は、先生を引き連れ大東組の盆ゴザへと行く。美人の壷ふり、昇りの龍の銀子によって始った三番勝負。一番手をとられた先生には、以前の博才はなくなっていた。その時、偶然にも先生を追いかけ、この横浜へ来ていた陽子の姿が目にとまった。そのとたん、先生の直感力も冴え、残り二番の勝負に勝った。長屋の権利書を取りもどした徳松。よりをもどした先生と陽子。しかし、大東組はこの三人を持ちぶせていた。しかしこの危機は銀子によって救われた。徳松達は晴れて、河内松原に帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。