日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新・影の軍団 最終章
シンカゲノグンダンサイシュウショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2005年02月05日 
製作会社
シネマパラダイス 
配給会社
シネマパラダイス 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87  

ファンが惜しむ中、ついにクライマックスを迎える「新・影の軍団」シリーズの最終章。服部半蔵役の千葉真一、猿飛佐助役の松方弘樹、徳川家康役の菅原文太に加え、竹内力が謎の凶悪陰陽師に扮して大暴れする。監督は「新・影の軍団」の宮坂武志。

スタッフ

製作
夏山易子
製作総指揮
夏山静香
企画
夏山佳久
原案
夏山佳久
キャスティング
夏山佳久
企画協力
松山富士雄前田茂司夏山昌一郎
営業統括
中島仁
営業協力
花田真吾岡本良二山田浩貴
プロデューサー
田所幸三夏山牧子小松俊喜
脚本
水上竜士
音楽
野島健太郎
撮影
田中一成
照明
東田勇児
録音
山本研二
監督
宮坂武志

ストーリー

徳川幕府の力が確固たるものとなり、乱世は遂に佳境を迎えていた。そんな中、徳川家康暗殺を企む真田幸村と猿飛佐助の抹消にてこずっていた服部半蔵は、業を煮やした家康に引導を渡されてしまう。一方、幸村と佐助は薩摩藩と結託し、新たな策略を企んでいた。朝鮮皇妃・明妃を人質に捕らえ、釈放の条件として朝鮮王朝の兵士たちに家康の暗殺を要求するというものだった。家康に見放された半蔵は、起死回生のため、“影の軍団”にある任務を命じる。それは、明妃の救出と幸村の暗殺。朝鮮王朝の精鋭部隊。半蔵の跡目を狙う、天文党首領・山嵐。そして、滅びたはずの赤牛丸の強靭な魂…。次々に敵が襲いかかって来る中、半蔵への不信感が爆発した疾風は、明妃をさらって逃走する。抜け忍びとなった疾風を追う、妖騎、金剛丸、烏丸等影の軍団。その行方には、服部半蔵の過去の真実までもが待ち受けていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。