日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

鉱毒
コウドク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
1976年03月15日 
製作会社
「鉱毒」製作委員会 
配給会社
その他 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

渡良瀬川からの農業用水の取入口になっていて、そのために鉱毒の堆積場となってしまっている群馬県太田市毛里田地区。昭和21年に結成されてから30年間にわたり、渡良瀬川の鉱毒根絶をめざして闘ってきた渡良瀬川鉱毒根絶毛里田同盟会(会長・板橋明治)と、田中正造を主人公にして足尾鉱毒事件を描いた劇映画「襤褸の旗」(製作・瀬戸要、木原啓允、山崎守邦)を全国的に自主上映してきた「襤褸の旗」全国上映委員会とが結合して製作した長編記録映画。鉱毒の被害を受けている現地の農民、足尾・桐生・足利・館林など渡良瀬川流域に住む鉱毒問題研究者、「襤褸の旗」の製作スタッフによって、製作委員会が組織された。明治以来の鉱毒根絶運動の歴史を描いた小口一郎の版画をはさみこみながら、第二の谷中村になりつつある毛里田地区の鉱毒による被害の状況と、谷中遊水池および足尾の町の現在の状況を撮った作品である。監修は、「襤褸の旗」の監督・吉村公三郎。ナレーターは、「襤褸の旗」で田中正造を演じた三國連太郎。資料提供は、渡良瀬川研究会、栃木県立足尾高校教員有志、関東新聞社、公害問題研究所北関東センター、旧谷中村遺跡を守る会、宗教法人・田中霊祠、瑞光山・雲竜寺。(16ミリ)

スタッフ

ナレーション
三國連太郎木原啓允
制作補
浅尾政行江本啓子高見賢司
撮影
角原征也
構成
瀬戸要板橋明治
版画
小口一郎
監修
吉村公三郎
製作
瀬戸要板橋明治
音楽
岡田和夫

出演者

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /16mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。