日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

玉割り人ゆき 西の廓夕月楼
タマワリニンユキニシノクルワユウヅキロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1976年02月14日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
64分  

“玉割り人ゆき”シリーズ二作目。北陸の廓を舞台にして、玉割り人ゆきの娼妓たちを相手にした性の訓練と、青年楼主との愛を描く。原作は松森正の劇画「玉割り人ゆき」。脚本は「玉割り人ゆき」の田中陽造、監督も同作の牧口雄二、撮影も同作の塩見作治がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
三村敬三奈村協
原作
松森正
脚本
田中陽造
監督
牧口雄二
撮影
塩見作治
音楽
渡辺岳夫
美術
竹川輝夫
録音
荒川輝彦
照明
海地栄
スチール
木村武司
編集
神田忠男
助監督
俵坂昭康

ストーリー

昭和のはじめ、初夏の頃、ここ北陸の城下町・金沢。玉割り人ゆきは、京都の島原から、金沢へと移って来ていた。“玉割り人”とは、遊廓に売られて来た未通女に性技の基本を教え、娼妓に対しては特殊な業を仕込む、セックスの師匠のことである。ある日ゆきは、夕月楼の主人・清次郎を知った。清次郎は謡曲の神童といわれ、廓の跡継ぎだったにもかかわらず、東京の家元の家に住みついて、能楽界の麒麟児と騒がれていた。ところが、25歳の時に故郷に遊びに帰った時、謡曲師の吉富宗市にいたずら心から謡曲試合を挑み、宗市はみじめにも負けてしまった。宗市は一人娘のお俊を残して自殺、それ以来清次郎は謡を捨てた。清次郎はお俊を一度だけ抱いた。お俊にとって清次郎は忘れられない男となり、新内流しになってからも、清次郎に影のようにつきまとった。ゆきは母の命日に、清次郎が捉えた蝶を放してもらうかわりに彼に抱かれた。清次郎の妹美代はゆきに、兄がゆきに惚れたことを告げ、今の自駄落な生活から昔の兄に戻して欲しいと泣きついた。一方、お俊にゆきへの愛を打ち明けた清次郎は、彼女に刃物で腹を刺され、ゆきの家へころがりこんだ。必死に介抱するゆきに清次郎への愛が燃え上がった。美代は兄の仇をとって欲しいと恋人の将校・上原に頼んだ。上原は部下に命じてお俊を襲わせ輪姦させた。ゆきは足を洗って清次郎と世帯を持とうと決心、清次郎も東京に出て謡の修業に賭けようとした。新入の女郎として廓に出ることになったお俊に、清次郎は別れを告げ、金包みを渡そうとした。お俊は、お金よりも、もう一度だけ抱いて欲しい、と言った。激しく喘ぎ燃えるお俊。そして、別れの盃を二人は同時に呷った。これが二人の最後であった……。清次郎との思い出深い金沢を、ゆきが去ったのは、それから間もなくだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。