日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

想い出のかたすみに
オモイデノカタスミニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1975年04月26日 
製作会社
松竹文学座 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

ゆれ動く青春期の青年と娘の生活とさわやかな恋を描いた青春映画。脚本・監督は「泣いてたまるか」の宮崎晃、撮影は「砂の器」の川又昂がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
猪股尭奈良邦彦
脚本
宮崎晃
監督
宮崎晃
撮影
川又昂
音楽
中村雅俊
美術
森田郷平
録音
小林英男
照明
小林松太郎
スチル
石田康男
編集
石井巌
助監督
大嶺俊順

ストーリー

笹原未知は、女子大生で人形劇研究会に属している平凡な娘。未知は同じ大学の津村隆夫に恋焦がれている。隆夫は、未知の兄の嫁さんの弟なのだが、隆夫は未知を子供あつかいにして全然相手にしてくれない。返って隆夫の友人の坂本が未知に惚れている。ある日、隆夫は姉夫婦が、二年間アメリカに行く事になったので、マンションに移り住むように頼まれた。隆夫はすぐに快諾した。が、マンションを人形劇の稽古場にしたいと考えていた未知は、隆夫に頼むが拒わられてしまった。隆夫のマンション暮しが始まった。そんなある夜、美しい女性が姉を訪ねて来た。亮子と名乗るその女性は、姉が不在だと聞くと、くずれるように倒れた。隆夫は驚いて亮子をベッドに寝かすと、未知に看病を頼んだ。未知は部屋を一週間に三日借りる事を条件に引き受けた。やがて、未知の看病で亮子の熱は引いた。彼女は姉と同級生で、嫁いで九州に行ったものの、夫とうまくいかず飛び出して、相談しに来たのだった。隆夫は美しい年上の女、亮子にすっかり心を奪われてしまった。亮子が実家に帰ってからも、隆夫は度々亮子を訪ね、ついにホテルで一夜をともにした。亮子が、夫が事故で怪我をしたために九州へ帰ったので、隆夫も、すぐ九州へ彼女を追った。隆夫のいないマンションでは、未知とその仲間が人形劇「青い鳥」の稽古に余念がなかったが、未知にはいつもの精彩がない。亮子の家を訪ねた隆夫が見たのは、そこで夫と二人で再出発しようと決心した亮子の姿だった。想いが破れてすごすごと帰って来たマンションには未知が待っていた。しつらえた人形劇の舞台の上から、未知の操るミチルが隆夫を迎えた。「九州へ青い鳥を探しに行ってどうだったの?」「ただのカラスだった」「青い鳥は結局、家にいたのよ」「……」「でも、この劇の終りは、その青い鳥も家から逃げて行くのよ」未知はマンションを飛び出した。彼女を追いながら隆夫は未知の心がわかってきた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。