日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

渋谷物語
シブヤモノガタリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2005年03月05日 
製作会社
東映ビデオ 
配給会社
東映ビデオ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
121  

戦後日本の裏社会を駆け抜けた男・安藤昇の若き日の姿を描いた実録ドラマ。監督は「プレイガール」の梶間俊一。安藤昇による原作『激動』を基に、「ムルデカ17805」の石松愛弘と「半落ち」の田部俊行、梶間監督が共同で脚色。撮影を「私を抱いてそしてキスして」の池田健策が担当している。主演は「17才 旅立ちのふたり」の村上弘明。

ストーリー

昭和20年、特攻隊の生き残りとして復員して来た安藤昇。ジュクの闇市でかつての仲間たちと再会した彼は、命知らずの抗争を繰り広げる一方、ビリヤード場の女主人・泰子を始めとする女たちとの愛にも燃えながら、やがて渋谷に進出すると、辺りを牛耳るヤクザを次々に屈服させ、昭和27年、青山通りに念願の“渋谷興業”を開設。昭和31年には大芸能イヴェント“歌う桜祭り”を成功させて、全国にその名を轟かせるのであった。だがそんな中、安藤は暴利を貪る卑劣極まりない財界人・中井秀麿とそのバックに君臨する天野政道の存在を知り、彼らに天誅を下すべく戦いを挑むも、ことごとく失敗。その結果、35日間の逃亡の末、昭和33年7月15日、遂に潜伏先の葉山で逮捕され、懲役8年の刑を受けることとなる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。