日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ザ・カラテ2
ザカラテツー

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年11月01日 
製作会社
東映京都映画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Bronson Lee, Champion Pt.2  
上映時間
86分  

「ザ・カラテ」シリーズ二作目。前作で盲目となった山下タダシが、再び世界の強豪を相手に大活躍する空手アクション映画。脚本は「三代目襲名」の高田宏治と「ザ・カラテ」の志村正浩、監督も同作の野田幸男、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
佐藤雅夫今川行雄
脚本
高田宏治志村正浩
監督
野田幸男
撮影
増田敏雄
音楽
渡辺宙明
美術
吉村晟
録音
堀場一朗
照明
北口光三郎
スチール
木村武司
編集
市田勇
助監督
皆川隆之

ストーリー

“世界武道大会”で優勝した山下タダシは、卑怯者の奸計にかかり失明したが、くじけることなく武道と身心の鍛練に励んでいた。京都。新幹線のガード下に停っている小型車のラーメン屋“サムライ軒”店主は三平である。そこでラーメンを食べているタダシに、ニューギニアからやって来た、ギロチン・ブラザースが、いきなり蛮刀で襲いかかって来た。タダシは傷つきながらも、彼らを叩きふせる。このことが発端として、竜崎を初め世界の武道家たちが“打倒山下”を目指して続々と来日した。ブルー・ゲラー、ドクター・ワン、ドラキュラ・ジャック、金振八、キラー・崔などである。一方、正武館々長、鈴木正文は、武道の神髄を全世界の人に知ってもらうため“日本武道展”をアメリカで開く事を決意する。武道展に出品される門外不出の国宝、名刀・鬼切丸が厳重な警備の下に送り出されるが、鬼神流、竜崎配下に襲われ、武本師範代は崔に殺され、鬼切丸を奪われた。タダシはそれが竜崎の仕業と見破り、目の手術を受けることにした。竜崎の魔手は病院にまで及び、医師に変装した王に襲われるが、間一髪難を逃れた。待つよりは攻めるが易しと悟ったタダシは、自らワナにかかり本拠に乗り込む途中、ゲラーを倒すが、崔の投げるくさびに足を射抜かれ、谷底に転落した。だが、タダシは菅原トシ、ハジメの母子に救われて、徐々に体力は回復していった。そんなある日、ハジメがくさび形の武器を拾ったことから、敵の本拠が鬼神谷にある事を知った。タダシはそのくさびを持ち帰って正文に渡し、すぐにでも敵の牙城を攻撃するように頼むが、正文は制止した。一方、竜崎は悪逆な手段を用い正文をおびき出した。そして、ドラキュラがタダシを襲い、すさまじい死闘の末、ドラキュラが倒れた。竜崎のもとへ連行された正文も、激闘の末竜崎を倒す。正文の安否を気づかうタダシは、敵の本拠に乗り込み、崔と対決した。お互いの必殺技、崔の“骨破微塵”とタダシの“空中二段蹴り”が激突、しかしタダシの必殺技が一瞬早く、崔は血へドを吐いて倒れた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。