日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

直撃地獄拳 大逆転
チョクゲキジゴクケンダイギャクテン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年12月28日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

“直撃!地獄拳”シリーズ二作目。宝石“ファラオの星”をめぐって、甲賀忍法を駆使する男とマフィアとの争奪戦を描くアクション映画。脚本は橋本新一、監督は脚本も執筆している「直撃!地獄拳」の石井輝男、撮影は出先哲也がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
矢部恒坂上順
脚本
石井輝男橋本新一
監督
石井輝男
撮影
出先哲也
音楽
鏑木創
美術
藤田博
録音
広上益広
照明
梅谷茂
スチール
遠藤努
編集
祖田富美夫
助監督
橋本新一

ストーリー

国際慈善会議名誉会長のザビーネ・カウフマン夫人が日本の身障者の為にと、自家に伝わる宝石類の展示会をする為に来日したが、六億円の保険がかけられている“ファラオの星”が盗まれ、カウフマン夫人の娘が誘拐された。夫人は保険会社会長の衆木に、娘と宝石奪回を依頼した。衆木は元警視総監の嵐山に助けを求めた。そこで嵐山は、恵美に命じて三人の男を召集させた。祖先ゆずりの甲賀忍法の使い手、甲賀竜一、自称世界一の金庫破り、桜一郎、元警視庁刑事、隼猛の三人が嵐山邸に集合した。数日後、ギャングから六億円用意しろ、との連絡が入った。夫人の秘書のプルーノ・今村が衆木が出した金を持って指定の場所に出かけた。勿論甲賀たちは尾行した。しかし、ギャングたちは、まんまと六億円を奪い、娘を返しただけで逃走してしまった。娘が戻った夫人は、今度は“ファラオの星”の保険料として衆木に六億円を支払わせ、直接ギャングと取り引きをして、宝石を取り返した。一方、十二億円を損した衆木は、調査員の紅美湖に夫人を調査させ、夫人のバックにはマフィアが絡んでいる事を知った。一連の事件は衆木から金を取るための芝居だったのである。全てを知った甲賀は、ロジャース銀行日本支店に保管されている“ファラオの星”を盗もうと、金庫破りの桜と組むことにした。二人の企みを知った隼と恵美もこの計画に加わった。四人は数日間、世界一厳重な金庫破りの策を練った。実行の日、まず甲賀と桜がパラシュートで銀行の屋上に降り、レーザー光線をかわしながら、やっと金庫に辿りついた。計画時刻より数秒遅れて桜は金庫を開け、まんまと宝石と金を奪う。だが、二人が屋上に戻った時、マフィアに発見され、甲賀が単身、向かった。その間、桜は札束を下で待ち受ける恵美の処へ落とす。一方、危かった甲賀は、駈けつけた美湖こと、香港警察の紅竜の応援もあってマフィア一味を全滅させるのだった。ビルの下には衆木を先頭に武装警官が待機していた。衆木は警視庁の捜査一課長だったのだ。甲賀、隼、桜の三人はそのまま逮捕されて、刑務所送りになってしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。