日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

脱獄広島殺人囚
ダツゴクヒロシマサツジンシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年12月07日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

殺人罪で四十一年七カ月の刑に服する実在の人物をモデルにして、あくなき自由への渇望から七回に及ぶ脱獄を敢行した男の執念を描く。脚本は「あゝ決戦航空隊」の野上龍雄、監督は「安藤組外伝 人斬り舎弟」の中島貞夫、撮影は「実録飛車角 狼どもの仁義」の赤塚滋がそれぞれ担当。

スタッフ

監督
中島貞夫
企画
日下部五朗
原案
美能幸三
脚本
野上龍雄
撮影
赤塚滋
音楽
広瀬健次郎
美術
吉村晟
録音
荒川輝彦
照明
北口光三郎
スチール
木村武司
編集
神田忠男
助監督
依田智臣
ナレーション
酒井哲

ストーリー

終戦の混乱期であった昭和22年4月19日夜、植田正之は、仲間の田上と共謀し、外国人の闇屋とその女を殺害、モルヒネを強奪した。やがて二カ月後に逮捕された植田は懲役二十年の刑を受け、広島刑務所に入所した。翌23年4月13日、脱獄に成功した植田は、神戸、妻昌代のいる大阪に潜伏していたが、同年5月3日、関西映劇で観劇中に発見され、逮捕された。再び広刑に戻された植田は、脱走罪が加算され、計二十一年三カ月となった。同年9月、植田は服役中の岡本組々長・岡本清次郎の協力を得て、房仲間の末永と小島の三人で再び脱獄。そして、妹の和子がいる郷里四国の松山・草鹿村に、山本清と名乗って潜伏した。ここで植田は、牛の密殺グループの親分となって妹一家を養っていたが、24年4月、女郎屋で喧嘩ざたとなり、警察に捕われた植田は指紋から身元が割れてしまった。翌5月、広刑に戻された植田の刑は、二十二年七カ月となった。既に捕われていた末永が第八工場で、名古屋の親分・前戸に虐待されている事を知った植田は、前戸にかけ合うが、話がもつれ前戸を殺してしまった。この事件で八年の刑が加算され、計三十年七カ月となった。さらに前戸の屈強な舎弟吉原にも勝負を挑まれ、植田は風呂の中で吉原を不意討ちで殺害してしまった。これで刑は七年増して三十七年七カ月。この殺人で広刑の地獄房に三カ月間投獄された植田は、25年3月にやっと地獄房から出されたが、保安課長の堂本に狂人呼ばわりされ逆上し、机上にあったナイフで堂本に斬りつけた。この殺人未遂で刑はさらに四年加算され、計四十一年七カ月になった。同年8月、この事件の裁判の時、植田は突発的に逃亡、その足で草鹿村に立ち寄り、久々に妹と楽しい一刻を過ごした。しかし、牛の密殺仲間が警察に密告したために、警官隊に包囲されてしまった。格闘の末必死に包囲網を突破した植田は、生への執念と、あくなき自由を求めて歩き始めるのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。