日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女子大生失踪事件 熟れた匂い
ジョシダイセイシッソウジケンウレタニオイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1974年07月17日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
51分  

セックス氾濫時代の現代、目的もなく学生生活を送っている女子大生の無軌道な性行動を描く。脚本は「女医の愛欲日記」の深尾道典、監督は荒井美三雄、撮影は並河孝治がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
杉本直幸奈村協
脚本
深尾道典
監督
荒井美三雄
撮影
並河孝治
音楽
月光恵亮
美術
鈴木孝俊
録音
加藤正行
照明
真城喩
スチル
深野隆
編集
河合勝巳
助監督
高倉祐二

ストーリー

東都学院大学の女学生・村松幹子が失踪した。彼女は男好きのする評判の美人で、学内の教授、学生と多くの関係を持っていた。助教授の渋沢、講師の山形、大学院生の小沼の三人は、幹子と関係しており、それぞれの体験を話し合った。山形は、学生とともに登山した時、怪我をしてしまい、幹子と共に一行から離れているうちに雨に降られ雨宿りに入った小屋の中で結ばれた。水沼は幹子と婚約していたのだが、彼女が婚約を破棄したため、自分のアパートで彼女に襲いかかったが、幹子の同級生で恋人の安西に邪魔をされた。それ以来、幹子との間には関係はなくなっていた。渋沢は研究のため借りていたマンションに、幹子を時々連れ込んでは愛し合っていた。だが、ある日その現場を渋沢の妻に見られ、彼女たちの大喧嘩の末に幹子は、渋沢の子を孕んでいると捨てゼリフを吐いて出て行った。以上のように三人は三人とも、現在は幹子とは何も関係がない、と主張した。ある日、安、西は渋沢の妻に、幹子失踪の原因は渋沢にあるとほのめかした。悲観した彼女は夫を道づれに無理心中をしてしまった。だが数日後、安西が突然自殺した。彼女に振られた腹いせに幹子を殺した、との遺書を残して。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。