日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人妻セックス地獄
ヒトヅマセックスジゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1974年03月16日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
52分  

売春地獄に陥れられ、人生を破壊された人妻の戦慄と復讐を描く。脚本は「野良犬(1973)」の一色爆、監督は本田達男、撮影は国定玖仁男がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
杉本直幸奈村協
脚本
一色爆
監督
本田達男
撮影
国定玖仁男
音楽
平岩太郎
美術
竹川輝夫
録音
橋本省治
照明
上田輝夫
スチール
木村武司
編集
玉木済夫
助監督
河村満和

ストーリー

ある高級往宅街の一画。会社重役の矢代達也の妻・千尋は、自宅のガレージで男に襲われ強姦され、その写真を何者かに撮られた。数日後、千尋宛に某ホテルに来るように、との手紙が来た。そのホテルに行った千尋は、相手の男からデートクラブの斡旋で来たことを知らされた。千尋は計画的に売春を強いられたのだった。数日後、千尋は女中の春江の日記に、千尋を殺してやりたい程憎い、と書いてあるのを発見した。その時、例の男から売春してくれれば写真のネガを返却する、との電話があった。遂に千尋は指定された通り、増村という中年男と寝た。春江が何か知っていると睨んだ千尋は彼女を尾行するが、彼女が入っていったホテルで全裸のまま殺されている春江を発見した。数日後、達也が取引先の客として増村を連れて来た。増村は千尋が売春していることを達也にばらしてしまった。千尋はいたたまれず、矢代家を出た。数ヵ月後、千尋は自分を陥れた謎を解明しようと増村を訪ね、売春を幹施した男・三郎の名を聞き出した。千尋は早速、三郎を探し出し、ホテルへ連れ込んで真相を聞き出した。春江殺しも、千尋を強姦したのも三郎だったが、意外にもそれらを依頼したのは達也だった。全てを知った千尋は達也に対する復讐を誓った……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。