日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

聖獣学園
セイジュウガクエン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1974年02月16日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

修道尼だった母親の死因をつきとめるべく修道院に入った娘が、母を死に追いやった司祭たちに復讐する。原作は、鈴木則文・作、沢田竜治・画の同名劇画。脚本は「恐怖女子高校 アニマル同級生」の掛札昌裕、監督は脚本も執筆している「まむしの兄弟 恐喝三億円」の鈴木則文、撮影は「女囚さそり けもの部屋」の清水政郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
高村賢治
原作
鈴木則文沢田竜治
脚本
掛札昌裕鈴木則文
監督
鈴木則文
撮影
清水政郎
音楽
八木正生
美術
中村修一郎
録音
長井修堂
照明
桑名史郎
スチール
加藤光男
編集
田中修
助監督
岡本明久

ストーリー

修道尼だった母・美智子の死因をつきとめるべく修道院に入ることを決意した多岐川魔矢は、夜の手配師青木健太に体を与えた次の日、セントクルス修道院の肋修女となった。院長小笠原綾、副院長松村貞子に助修女の部屋に案内された魔矢は、少年刑務所出身の石田松子、清純な北野久子、丘珠枝、小野塚薫等と同室になった。意気投合した魔矢と松子が、松村に逆らう態度を見せたために、松村は、修道尼の美恵に彼女たちの監視を命令した。だが、魔矢は逆に、美恵の弱味を握り、彼女を使って院長室に忍び込んだ。そして、一冊のノートの中に、魔矢の母が心臓麻痺で死亡、と記されてあるのを見付けた。死因に不信を抱いている魔矢は修道院で最も古い賄婦菅野さちに尋ねるが、彼女は何も話してはくれなかった。修道女たちから大変人望のある司祭の柿沼が修道院を訪れた。柿沼は院長と肉体関係があり、二人で修道院の金を私欲に用いていた。さらに柿沼は、人望の厚いのを利用して、北野久子を犯し妊娠させてしまった。一方、魔矢は松村が欲求不満に陥っているのを知ると、青木健太を修道院に忍び込ませて松村を犯させた。以来、松村は男狂いになってしまい、彼女の代りにローマよりナタリーが着任した。ナタリーは司祭と結託して教会の魔女狩りを行い、その責任を全て院長に取らせ、自分が院長になるべく企んだ。久子が妊娠しているのが判明し、リンチが加えられた。やがて久子は舌を噛んで自殺した。数日後、病床についている菅野さちから、母の死因は自殺で、その理由は院長が知っている、と聞かされた魔矢は、院長を問いつめ、母は柿沼に妊娠させられてしまったために自殺したことを知った。魔矢は彼女を毒殺しようとして反対に殺してしまったナタリーになりすまし、柿沼に抱かれた。だが、魔矢が自分の実の娘だと知った柿沼は、いままでに戒律を破りつづけてはいたものの、さすがにショックで絶叫して崩れ落ちた……。やがて、復讐を終えた魔矢は、修道院を出て、もとの平凡な娘に戻るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。