日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女囚701号 さそり
ジョシュウナナマルイチゴウサソリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年08月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に、恋人の裏切りに対し復讐の怨念を異常に燃やし続ける主人公を中心に、極限に追つめられた女囚たちの生態を描く。「ビッグコミック」に連載された篠原とおる原作・劇画の映画化。脚本は「ポルノギャンブル喜劇 大穴中穴へその穴」の神波史男と「博徒外人部隊」の松田寛夫、監督は第一回作品の伊藤俊也、撮影は「現代やくざ 人斬り与太」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
吉峰甲子夫
原作
篠原とおる
脚本
神波史男松田寛夫
監督
伊藤俊也
撮影
仲沢半次郎
音楽
菊池俊輔
美術
桑名忠之
録音
広上益弘
照明
川崎保之丞
スチール
遠藤努
編集
田中修
助監督
小平裕

ストーリー

Y県女子刑務所。けたたましく鳴り響くサイレン、女囚二人が脱走を企だてた。松島ナミ、木田由紀子である。しかし、刑務所々長郷田らの必死の追跡で、脱走は失敗に終る。捕われた二人はイモ虫のように手足を縛られ、懲罰房へ入れられた。身動きのできない状態でナミは過去に思いを巡らせる。ナミには麻薬取締りの刑事、杉見という恋人かいた。ある時、杉見はナミを麻薬捜査の囮として使い、強姦させたあげく、自分はその現場に乗り込み麻薬を押収する。その上、その麻薬をネタに麻薬組織、海津興行に寝返ったのである。杉見の愛を信じていたナミにとってこの裏切りは許せなかった。翌日、杉見を襲うが致命傷には到らず、その場で逮捕された。“復讐”に燃えるナミは刑務所内でも異質な存在で、皆から反感を買っていた。ただ、口の不自由な木田由起子だけがナミを慕っていた。ナミと由起子が懲罰房から解放された頃、新入りとして進藤梨恵が入所して来た。梨恵もナミ同様、他の女囚たちと肌が合わずに対立した。ある日、梨恵は片桐らの企みで無実の罪を着せられそうになるが、ナミの機転で救われ、以来ナミに好意を持つようになる。しかし、この事件で梨恵の替りに罪を着せられた政木が逆上し、郷田の眼をガラスの破片で刺してしまった。怒った郷田は全員に穴掘り作業を命じた。ナミは“閻魔おとし”を課せられた。“閻魔おとし”とは囚人たちが最も恐れている穴掘り作業で、一つの穴を掘っては埋め、埋めては掘るという刑罰である。疲労の極に達したナミに同情した由起子が看守を襲い、それをきっかけに、日頃看守たちに虐待を受けていた女囚たちの憎悪が爆発、暴動を起こして倉庫に立てこもる。しかし、この暴動の際に由起子が射殺された。そして、ナミは由起子から片桐が自分の命を狙っていることを知らされる。杉見の手がここまで延びていることを知り、愕然とするナミ。片桐はナミを裏切り者扱いにし、他の女囚らを煽動してナミに凄絶なリンチを加える。しかし、ナミは逆に片桐の企みを暴き、片桐こそ裏切り者だということを明らかにする。一方、郷田らは食事の差し入れと偽り、一挙に倉庫になだれ込み、全員を逮捕するが、この間、倉庫に火をつけ混乱を起したナミは脱走に成功する。そして、厳重な警戒網をかいくぐったナミは、杉見、海津への復讐を果すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。