日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

狼やくざ 葬いは俺が出す
オオカミヤクザトムライハオレガダス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年11月17日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

“狼やくざ”シリーズ第二作目。麻薬取引きで甘い汁を吸っている強大な暴力団に、ひと癖もふた癖もある七人の命知らずの男たちが挑む。脚本は中西隆三、監督は「緋牡丹博徒 仁義通します」の斎藤武市、撮影は「不良番長 手八丁口八丁」の山沢義一がそれぞれ担当

スタッフ

企画
太田浩児
脚本
中西隆三
監督
斎藤武市
撮影
山沢義一
音楽
小杉太一郎
美術
北川弘
録音
井上監三
照明
銀屋謙蔵
スチール
加藤光男
編集
祖田富美夫
助監督
福湯通夫

ストーリー

拳銃密売屋、伊吹徹はいつものように相棒の正男と、不良米兵と銃の取り引きをしていた時、突然、この取り引きの依頼主仙波組々長が襲撃、金と銃を略奪され、正男まで殺されてしまった。そして伊吹は、刑事神部に逮捕された。ところが仙波も、同じ東桜会の組員である剣持組々長剣持に運河へと突き落とされる。これらは全て、東桜会々長桜田の仕組んで罠だったのである。服役中の伊吹はやくざ組織に恨みを抱いている元ボクサー結城と知り合い意気投合する。やがて出所した二人は、正男の兄の荒木田義一に匿ってもらい、復讐の為の腕利きの仲間を集める。大熊、次郎、永川、皆それぞれ命知らずの猛者連である。作戦が開始された。まず、東桜会の資金源であるキャバレー等の集金車を襲い、略奪に成功したが、次郎が捕われてしまった。救出に行った伊吹たちの危機を救ったのは、剣持に殺された筈の仙波だった。伊吹と仙波は、過去を水に流し、桜田に復讐すべく共同作戦を練る。やがて、東桜会が大取引をするという情報をキャッチした伊吹たちは、それぞれ過去の怨念を果すべく大攻撃をかけるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。