日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 新婚大混線
キゲキシンコンダイコンセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年04月15日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

渥美まり恵、松竹第一回主演作品。かつての恋人同志が、別々に結婚し、同じハネムーン・コースをたどる破目になる。脚本・監督は「喜劇 誘惑旅行」の瀬川昌治、撮影も同作の丸山恵司がそれぞれ担当。

スタッフ

製作
上村力樋口清
原作
樹下太郎
脚本
瀬川昌治
監督
瀬川昌治
撮影
丸山恵司
音楽
青山八郎
美術
熊谷正雄
録音
平松時夫
照明
飯島博
スチール
佐々木千栄治
編集
太田和夫
助監督
増田彬

ストーリー

伊藤久美と大原彰は恋人同士。三ヵ月後、二人は結婚することになっていた。大原はもう新婚旅行の計画に夢中になっていた。しかし久美は、このままでは平凡すぎる、結婚と恋愛は別ではないかと、ふと考えるのだった。三ヵ月後、久美は結婚式をあげた。しかし、相手は大原ではなく、久米産業の社長の御曹子、久米庄三郎であった。庄三郎は久美に一目惚れし強引に求婚したのだった。大原との結婚に不安を感じていた久美は、彼の強引さに負けて求愛をうけたのである。一方、久美にふられた大原も同じ頃、会社の同僚、知英子と結婚式をあげていた。だが、運命の神は思いがけない悪戯をする。二つのカップルは新幹線にのり合わせたのだ。彼らは全く同じコースを巡るクーポン券で旅行することになっていたのである。大原と久美は、たがいに知らん顔を装っていたが、予期せぬハプニングが起るであろうことは予期していた。ゆく先々で顔を合わせる大原と久美、ことさら自分たち夫婦の親密さを見せつけあった。しかし、もともと愛し合っていた二人、こんな芝居が永続きするはずはなかった。ホテルの廊下で偶然、二人きりで会った大原と久美は、過去の裏切りを語りあっているうち、おたがいに嫉妬しあっていることに気がついた。以来、二人の昔の恋人にたいする慕情はだんだん強いものになっていった。そのまま、エスカレートしたならば、二人は結婚を解消して、一緒になったかも知れない。しかし、密会しようとした二人は、手違いから、庄三郎と知英子に二人の過去を知られてしまったのだ。そこで、庄三郎と知英子がヒステリックになっていたなら彼らの新婚旅行はメチャクチャになったかもしれない、が、二人は何もいわず、大原と久美子を許した。この事件はかえって久美と庄三郎を、大原と知英子を強く結びつけた。二年後、大原と久美は、それぞれ、幸せな家庭を築いていた。今では二年前のことは、楽しい思い出となってしまっていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。