日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不良街
フリョウガイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1972年02月22日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

三年ぶりに東映にカムバックした松方弘樹の主演作。脚本は「セックス喜劇 鼻血ブー」の山本英明と松本功。監督は「不良番長 口から出まかせ」の野田幸男。撮影は「未亡人殺しの帝王」の山沢義一がそれぞれ担当。

スタッフ

企画
矢部恒
脚本
松本功山本英明
監督
野田幸男
撮影
山沢義一
音楽
八木正生
美術
中村修一郎
録音
広上益弘
照明
川崎保之丞
スチール
加藤光男
編集
田中修
助監督
岡本明久

ストーリー

五年前、大柴組の幹部を殺して刑務所入りした伊吹信次が出所した。高層ビルがひしめく新宿の町の変貌に信次は目を見張った。五年の間に暴力団の地図は大きく変り、組も解散し縄張り内にはチンピラがのさばっていた。信次は生きるために自力でのし上っていくより他に方法はなかった。かつての弟分勇に会った信次は、ひとまずその根城に身を置くことにした。信次は、元一家の幹部で、今はカタギとなってスナックを経営している杉や、叔父貴の石井徳太郎から、この世界から足を洗うよう説得されるが、二人の忠告を無視した。数日後、刑務所時代の友達、勝や勇と組んで、急激に男を売りだす信次の前に、父のかたきを討とうとする宏や、大柴組が立ちはだかった。その頃、駅前に建設される名店街の利権をめぐって、政界に幅をきかす志賀と結託した矢倉興業と大柴組が対立していた。これに目をつけた信次は、再建資金をつくるため大柴と手を組んだ。激突する二つの組織の抗争の真ただ中に、出所したばかりの北睦会々長の岩佐が仲裁に入った。情勢が変るにつれ大柴にとって信次は邪魔な存在となり、信次が矢倉の息子卓を人質にしていることをいい事に、矢倉と結託して信次の根城に殴り込んだ。そして、留守を預かる徳太郎と勇が殺された。一隅に安置された勇と徳太郎の遺体を囲んで沈む信次たち。その夜志賀観光会館完成記念パーティー会場に向う三人の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。