日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

(秘)セックス恐怖症
マルヒセックスキョウフショウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年08月23日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Sex Phobia  
上映時間
88分  

「謝国権「愛」より (秘)性と生活」につづく、性教育シリーズ第二作。脚本は、「やくざ絶唱」の池田一朗、監督は「花札賭博 猪の鹿三番勝負」の鷹森立一、撮影は「不良番長 一獲千金」の飯村雅彦が担当。

スタッフ

企画
扇沢要
脚本
池田一朗
監督
鷹森立一
撮影
飯村雅彦
音楽
津島利章
美術
江野慎一
照明
銀屋謙蔵
録音
内田陽造
スチール
加藤光男
編集
田中修

ストーリー

新宿署の刑事、伊沢浩介は、産婦人科医院を妻の良子とともに開業している、兄の淳一のところに同居していた。ある日、マリファナ・パーティを手入れした浩介は、著名なイラストレーター、二本柳沢子と知り合った。彼女はその清純なイメージとはうらはらに、その交遊関係は、常にスキャンダラスな話題で賑わっていた。浩介はそんな沢子になぜかひきつけられた。しかし、浩介は沢子と逢瀬を重ねるうちに、彼女のセックスに対する異常なおののきに気が付いた。そして、その恐怖感の原因を探ったが、ついに彼女と関係をもったものは出てこなかった。彼女は処女だったのである。しかし、淳一の診断によって、沢子には肉体的欠陥のないことが判明、心の奥底でなんらかの抑制作用が働いていることがわかった。そして数日後驚愕すべき事実が明らかになった。沢子は、その幼少時代に兄の宏に悪戯されたのだ。やがて昔日の罪を悔いる宏の言葉が次第に遠くなっていった、三ヵ月後、浩介は沢子と結婚した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。