日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やくざ刑事
ヤクザデカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年05月23日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
A Kamikaze Cop  
上映時間
89分  

警察名簿から抹殺された秘密捜査官が暗黒組織に敢然と挑む新シリーズ。脚本は「昭和残侠伝 人斬り唐獅子」の神波史男。監督は「不良番長 一獲千金」の野田幸男。撮影は中島芳夫が担当。

スタッフ

企画
太田浩児佐藤雅夫
脚本
神波史男
監督
野田幸男
撮影
中島芳男
音楽
八木正生
美術
北川弘
照明
元持秀雄
録音
内田陽造
スチール
加藤光男
編集
田中修

ストーリー

八城会は横浜・東京を拠点としている日本一の暴力組織で、会の傘下には会長八城の舎弟分西が取りしきる西組と、三好がしきる横浜潮会の暴力部門、そして、八城会唯一の資金ルートである阿久津商事という企業部門である。この暴力団あがりの商事会社社長阿久津は、八城の片腕とも云われ矢城組の屋台骨を背負っていた。潰滅作戦の使命をうけた秘密捜査官・隼田は、八城した大倉組の抗争をきっかけに西組の幹部で西の用心棒としては腕ききの朝井をうまく抱きこみ西組へもどり込みを成功させた。相棒の峰尾も警察名簿から抹殺され隼田の影の人となって横浜に潜入した。その頃、八城は阿久津、西等を呼び集め大倉組の扱っていた薬の大量密輸入を奪いとろうと秘かに計画をくわだてていた。そのため、八城組と大倉組の対立が次第に表面化してきた。そして、大倉の存在がけむたくなった八城は、狙撃のうまい隼田に大倉を殺すよう命じた。講演会に出席する大倉を狙った隼田は車中の大倉を狙いうちしたが、防弾ガラスにさえぎられ失敗に終った。この失敗に腹をたてた八城は隼田の命と引きかえに、彼に最後のチャンスを与えた。そして隼田は、西組の組合数人を連れ、警戒のゆるい大倉がかこっている女のマンションにのり込み大倉を射殺した。だが阿久津は、秘書の典子を使って隼田の身柄を調べさせていた。が、隼田は逆に典子を彼のトリコにさせてしまった。やっと薬取引の情報を握った隼田は、峰尾にこのことを知らせる為、一通のメモをある男に手渡したが西組の組員に感付かれ、メモは阿久津の手に渡ってしまった。そして、隼田の身に危機が迫ったが、朝井と典子の犠牲で、隼田はこの危機から脱出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。