日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

不良番長 一獲千金
フリョウバンチョウイッカクセンキン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1970年04月18日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

このシリーズのコンビ山本英明と松本功が前作「不良番長 王手飛車」にひき続き、脚本を書き、「不良番長 どぶ鼠作戦」の野田幸男が監督したシリーズ第七作。撮影は「新網走番外地 さいはての流れ者」の飯村雅彦が担当。

スタッフ

企画
矢部恒吉田達
脚本
山本英明松本功
監督
野田幸男
撮影
飯村雅彦
音楽
八木正生
美術
藤田博
照明
川崎保之丞
録音
内田陽造
スチール
遠藤努
編集
田中修

ストーリー

カポネ団・神坂とタニーの思いついた新商売は風俗嬢相手のマッサージ師。この珍商売順調なスタートで大阪から上京したスタミナ五郎も仲間に加わった。三人はホステス引き抜き作戦を開始したが、大倉組の経営するキャバレーに手を出し、睨まれてこの仕事も行き詰り。メンバー不足に困っていた神坂等は、桃代、ジャブ、バイキング、生活、ブラン子を仲間に加えた。そして、ブラン子が海洋タイムズ社社長・緑川から盗んだ汚職のからむテープをネタに、神坂等はその声主の東亜船舶社長、酒井と旭造船技術重役三浦相手のどでかい仕事に取りくんだ。一方、緑川ら三人はテープをとり戻すよう大倉組に依頼、そのため、桃代が殺された。その夜神坂は少年院時代の仲間で今は大倉組の客分、桐原に再会。桐原はこの一件から手を引くよう迫るが、神坂は拒否した。神坂は海洋タイムズの脱税を密告、緑川、安田は警察に連行された。神坂のためにさんざんな酒井、大倉はブラン子をリンチ、さらにカポネ団のアジトを襲撃、生活、バイキングを殺した。その死体の前で、復讐を誓った神坂等四人は寝返った桐原の加勢を得て、酒井、大倉をマシンガンのえじきにした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。