日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女の手配師 池袋の夜
オンナノテハイシイケブクロノヨル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1969年09月27日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
85分  

「(秘)トルコ風呂」の下飯坂菊馬が脚本を書き、「関東刑務所帰り」の武田一成が監督した風俗もの。「残酷おんな私刑」の山崎善弘が撮影を担当した。

スタッフ

企画
児井英生佐々木志郎
脚本
下飯坂菊馬
監督
武田一成
撮影
山崎善弘
音楽
山本直純
美術
西亥一郎
照明
高島正博
録音
神保小四郎
編集
鈴木晄
スチル
斎藤誠一

ストーリー

椎名修平は、池袋のバーのバーテンで、ポン引きも兼ねていた。客の一人・高井に、女を紹介したことから、二人は意気投合した。椎名は、その夜、バーに現われた秋子に惹かれ、懸命に口説いたが、失敗した。秋子は、ポン引き仲間のサブの兄貴分・朝夫から、秋子の父が大切にしている手帳を盗めとそそのかされた。一方、椎名は、ホテルのマダム・梨花から、その道のエキスパート・中村耕平を紹介された。椎名は、秋子が耕平の娘とは知らず、デートに成功し、秋子も愛情を感じて、ホテルでやさしく抱き合った。朝夫は、耕平の手帳--実はコール・ガールの名簿だった--を奪おうと、一計を案じ、秋子を誘拐し、リンチにかけたが、椎名と高井が助け出した。椎名は、かねてより計画中の、この世の極楽--あらゆる女とセックスを堪能する大がかりの売春クラブ--を作り、得意客を招待した。その中の一人・耕平は、秋子と鉢合わせして、二人とも青くなった。ちょうど、そこへ朝夫らが殴り込み、クラブは大混乱となり、耕平は脳溢血で倒れた。そのドサクサに、手帳を奪い取った朝夫は、メモされた女を次々と呼び出し、命に服させようとした。それを知った、椎名らは、逆襲し、朝夫らを倒した。その騒ぎの中で、耕平は死んだ。秋子は、田舎に帰るという。椎名は、彼女と別れて、またクラブの再建に情熱をかけるべく、池袋の夜の世界に戻った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。