日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の歌謡シリーズ 港町ブルース
ヨルノカヨウシリーズミナトマチブルース

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年07月08日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「妾二十一人 ど助平一代」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」の鷹森立一が監督した歌謡シリーズ第六作。撮影は中島芳男が担当した。

スタッフ

企画
園田実彦安斎昭夫
脚本
成澤昌茂
監督
鷹森立一
撮影
中島芳男
音楽
八木正生
美術
江野慎一
照明
銀屋謙蔵
録音
井上賢三
スチール
藤井善男
編集
祖田富美夫

ストーリー

和泉りん子は、野呂貿易社長野呂善之助の世話を受け秘書をしていた。野呂の一人息子勝行は、彼女が父の妾であることを知って一旦は失望したが、つのる想いは彼女に求婚させずにはおかなかった。だが、りん子は祖母の小料理屋で知合った船員姿の城戸に心を奪われてしまった。船員を父に持ち、横浜に育った彼女にとって、船員は憧れの的だった。数日後、りん子は新宿のゴーゴー喫茶でアフリカへ出航したはずの俊夫と再会した。俊夫は船員ではなく、自動車のセールスマンだった。りん子は、俊夫から船員小川を紹介され、だまされたうっぷんを情事で晴らそうとしたがなぜか味けないものだった。その頃、俊夫はりん子の友人チヤ子を誘惑し、野呂も富美子に熱を上げていた。りん子の脳裡に二人への復讐心が湧いたのは、そんな折だった。りん子は勝行からの結婚申込みを承諾し、勝行は、父の浮気を母に黙っているとの条件をのんで、結婚を許された。しかし、もともと俊夫に心を寄せるりん子は、花嫁衣裳のまま結婚式場をとびだしてしまった。それから二日後、りん子は俊夫と会った。俊夫は間もなく外国へ転任するという。二人は最後の情事を結んだ。その夜、勝行がりん子を連戻しに来た。しかし、りん子の決意は固く、「私は一人で生きぬくわ…」と二人に言い放った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。