日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夕陽の恋人
ユウヒノコイビト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年07月05日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「また逢う日まで 恋人の泉」の石森史郎と「夜の熱帯魚」の井上梅次が脚本を共同執筆し、井上が監督した青春メロドラマ。撮影は「夜の熱帯魚」で井上とコンビの丸山恵司が担当した。

スタッフ

製作
沢村国男
脚本
石森史郎井上梅次
監督
井上梅次
撮影
丸山恵司
音楽
広瀬健次郎
美術
森田郷平
照明
佐久間丈彦
録音
堀義臣
スチル
久保哲男
編集
太田和夫

ストーリー

秀人が由紀と会ったのは、夏の海岸だった。秀人は、金持の息子のふりをしていたが、実は、自動車修理工だった。その工場にデザイナーの三千代が、車の修理を頼みにきた。三千代の姿を見た秀人の心はおだやかではなかった。三千代は十九年前に彼とその家族を捨てた母だったのだ。修理した車を店へ届けると、そこに由紀がいた。由紀もまた、ただのお針子にすぎなかった。デートの日、秀人は孤児であるといつわり、共通点を求め、由紀との友情を深めようとした。そんな折秀人は兄の和人に家に連れ帰られた。母のいない家庭、がんこな父。秀人は、性に合っている工場に戻るのだった。何度もデートを重ね、幸福だった二人に危機が訪れた。父の事故により、秀人には家庭があり、孤児でない事を知った由紀は、怒りをぶつけると秀人の前から姿を消した。何もかも忘れようと、ゴーゴーを踊った由紀は、その帰途、車にはねられ、重傷を負った。病院に運ばれた由紀は、かたくなな心を解こうとはしなかった。が、彼女の先生であり秀人の母でもある三千代から、秀人も同じ境遇に生きているといわれ、うれしさがこみ上げてきた。そんなところへ駈けつけた秀人の顔を見た時には、二人の心は固く結ばれていた。が、時すでに遅く、由紀の意識は薄れてゆき、うわごとに、いつか見た夕焼けの真赤な空を思い浮べながら、夕陽が沈むように生命の灯を消してしまった。病室を飛び出した秀人は、夕陽に赤く顔を染め、いつまでも慟哭し続けていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。