日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

妖艶毒婦伝 人斬りお勝
ヨウエンドクフデンヒトキリオマサ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年04月10日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Quick-draw Okatsu  
上映時間
89分  

「博徒一代 血祭り不動」の高田宏治が脚本を執筆し、「さくら盃・義兄弟」の中川信夫がメガホンをとったシリーズ第二作。撮影は「妾二十一人 ど助平一代」の飯村雅彦。

スタッフ

企画
秋田亨扇沢要三村敬三
原案
高橋猛
脚本
高田宏治
監督
中川信夫
撮影
飯村雅彦
音楽
河辺公一
美術
江野慎一
照明
大野忠三郎
録音
広上益弘
スチール
加藤光男
編集
長沢嘉樹

ストーリー

甲府勤番頭塩崎は、江戸表への帰参を目論み、農民を叩いては、江戸老中に賄賂を送っていた。甲源一刀流道場主真壁は、稽古に来た塩崎を叩きのめし、悪事を指摘した。だが、悪事発覚を怖れる塩崎は、真壁殺しを企み、金に困っている息子の林太郎を竜王一家の賭場に誘いこんだ。この一件がもとで、真壁は牢に入れられリンチを浴びて他界、養女お勝も汚され、牢に入れられてしまった。折しも、塩崎は江戸表へ帰参し、復讐に燃えるお勝は、女旅鴉のお留以の手を借り牢を破った。だが、街道には、仇討ちを恐れる塩崎により、お勝を手配する高札が立てられていた。その頃、塩崎はますます本性をむきだし、金目あてに豪商淡路屋を殺し、お勝の仕業にまつりあげていた。お勝はお留以と共に、賞金目当ての天馬に捕ったが、北町奉行は、公儀の威信にかけて、塩崎とお勝を葬ろうとしていた。しかし、お勝は天馬から逃れると、黒装束に身を包み塩崎を斬り倒した。そして、駈けつけた捕方を振りきると何処へともなく姿を消していった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。