日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

残酷・異常・虐待物語 元禄女系図
ザンコクイジョウギャクタイモノガタリゲンロクジョケイズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1969年01月09日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
R18+  
英語名
The Orgies of Edo  
上映時間
93分  

「徳川女刑罰史」でメガホンをとった石井輝男と「大奥(秘)物語」の掛札昌裕が脚本を共同執筆した風俗もの。監督は石井輝男、撮影は「横紙破りの前科者」の吉田貞次が担当した。

スタッフ

企画
岡田茂天尾完次
脚本
石井輝男掛札昌裕
監督
石井輝男
撮影
吉田貞次
音楽
八木正生
美術
鈴木孝俊
照明
中山治雄
録音
渡部芳丈
スチール
中山健司
編集
神田忠男

ストーリー

○おいとの巻。おいとは父の借金を肩代りに返済してくれた遊び人半次に、唆かされ、吉原の女郎にまで身を持ち崩した。やがておいとは、さる御大尽の寵愛を受けるに至ったが、半次を忘れられず、吉原からぬけ出した。だが追手に捕えられ、無残な拷問を受けなければならなかった。身篭った腹の上へ、漬物石を叩きつけられたおいとは、医師玄達の家に運ばれたが、時すでに遅かった。○おちせの巻。豪商越後屋の娘おちせは、夜ごと下賎な男や片輪者と情事にふけっていた。おちせを慕う手代の長吉は、玄達に治療を頼んだが、結果ははかばかしくなかった。おちせの愛を永久に独占しようと、やがて長吉は心中をはかった。○おみつの巻。藩主の正親は、松明をつけた牛の群に、腰元たちを踏みにじらせ、その景観に快感を味っていた。愛妾お紺の方は、夜のお召が遠のくと、狆をつかって孤閨の淋しさを満足させていた。だがそれは、正親に知れ、裸身に金粉を塗られる窒息責めにあった。やがて、お紺は一世一代の趣向を正親に披露した。妊婦おみつが正親の娘であることを明かすと、その近親相姦をなじり、おみつの腹に短刀をかざした。城が真赤な炎に包まれたのはそんな折だった。そして、生まれたばかりの不幸な赤児を抱いて、城を落ちる玄達の姿があった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。