日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喧嘩博徒 地獄の花道
ケンカバクトジゴクノハナミチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月17日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「忘れるものか」の小川英と鴨井達比古が共同で脚本を書き、「傷害恐喝 前科十三犯」の松尾昭典と岩佐一泉のコンビが監督、撮影を担当した任侠アクション。

スタッフ

企画
園田実彦雲嶋幸夫
脚本
小川英鴨井達比古
監督
松尾昭典
撮影
岩佐一泉
音楽
鏑木創
美術
中村公彦
照明
吉田協佐
録音
橋本文雄
スチール
浅石靖
編集
井上親弥

ストーリー

昭和の初め。スリあがりの渡世人・天満の虎は、母親の仇と、親分の大淀を殺して、父親のいる東京に流れた。虎は、芝徳組の賭場で宮島組の仙太を助けたことから、お駒と知り合った。彼女の話から、虎は、宮島組々長大五郎は実父であり、足を洗った大五郎は観音寺親分の身内となり、的屋宮島を名乗っていることを知った。半博徒の芝徳は、あこぎな手口で勢力拡大、宮島を目の敵にし、つぶそうと企んでいた。虎は宮島組の若い衆と異母妹の雪絵を救ったことから宮島組に出入りするようになった。ひそかに芝徳の用心棒にもぐり込んだ虎は、かげながら大五郎と雪絵を守ろうと決心するのだった。汚ない芝徳のやり口で窮地に追い込まれた大五郎に、観音寺親分と分家の矢吹から、観音寺の身内は結集すべきだと話があった。しかし、大五郎と観音寺は芝徳組の手にかかり、殺されてしまった。一方、宮島組との関係がばれた虎は、リンチをうけた。瀕死の虎を救ったのはお駒だった。怒りを爆発させた虎とお駒は、矢吹の助けを得、芝徳一家をたたきつぶした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。