日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若者よ挑戦せよ
ワカモノヨチョウセンセヨ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年10月12日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「続やくざ坊主」の笠原良三がシナリオを執筆し、「河内フーテン族」の千葉泰樹がメガホンをとった青春もの。撮影は「斬る(1968)」の西垣六郎が担当した。1968年10月5日より、東京・有楽町有楽座にて先行ロードショー。

スタッフ

製作
安達英三郎
脚本
笠原良三
監督
千葉泰樹
撮影
西垣六郎
音楽
伊福部昭
美術
本多好文
照明
西川鶴三
録音
藤好昌生
スチル
秦大三
編集
黒岩義民

ストーリー

明治の末。波川順平は、自分の人力車に、大芝電機の社長や技師長を乗せた縁で刺激され、電気を猛勉強し、この道の成功者になった。そして今、順平の一人息子新太郎は、大芝電機の工場長、孫の順一、勇吉も大芝電機に勤め、智子も元気で、順平には何不足なしの心境だった。だが、皆が仕事熱心のあまり一家団欒の機会がないことを、寂しく思うようになった。順平が妻ふさの法事を営んでも、新太郎と嫁の藤子しか揃わなかった。そんな折、勇吉が東京へ転勤になった。順平は、孫たちの身を固めさせようと、早速動きだした。だが、心に決めた相手のある三人は、耳を傾けようともしなかった。そんな順平の脳裡をかすめたのは亡き妻のことだった。今でこそ、順平と新太郎は和気あいあいの親子だが、かつては女工だった藤子との結婚問題で対立し、新太郎が家出をしたこともあった。その件をとりもったふさを想い出しながら、順平は苦笑するのだった。勇吉は、彼を追って上京した給仕の絵美子の協力を得て、仕事に熱中していた。再び波川家に波風が立った。新型ステレオの大量生産をめぐって論争が起きたのだ。新太郎は、長年の経験からという理由で、勇吉の主張を斥けるのだった。勇吉は、早速社長に詳細なデータを提示すると、工場長新太郎の交替を厳しく迫った。社長は、勇吉が新太郎の息子であることを知り、積極的なその熱意に動かされた。しかしこれは、今まで夫や順平に従順だった藤子の計画によるものだった。新製品“ボストン”の売れゆきは好調だった。波川家に一家団欒の夜が訪れた。その時、藤子が息子や娘のそれぞれの相手を伴なって二人の前に現われた。その姿は、順平の目には、ふさのように思われた。藤子はその場で、自分の結婚は自らが決め将来の自分の責任を負うのがこの家の伝統だ、と二人を説得した。この言葉に、若者たちの顔は輝いた。悠々自適の隠居生活を送りながら、なんとなく憂鬱を隠せなかった順平は、この晩はじめて幸福に酔うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。