日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

高校生芸者
コウコウセイゲイシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年09月21日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「喜劇 泥棒学校」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影はコンビの渡辺公夫。

スタッフ

企画
藤田昌一斎藤米二郎
脚本
高橋二三
監督
弓削太郎
撮影
渡辺公夫
音楽
池野成
美術
間野重雄
照明
木村辰五郎
録音
三枝康徐
スチル
柳沢英雄
編集
糸井敬男

ストーリー

芸者置屋「分森田」からひで香が雲隠れした。夜間高校生のたみ子は、たまたまひで香を目撃したことから「分森田」の主人文造とトキに謝礼金五十万を貰った。芸者商売は儲かるものと思ったたみ子は、同級生の直江、やえ子、安代とともに、「分森田」の芸者になったのだった。しかし、芸ごとは出来ない、肉体は売らないの彼女たちにとって、この仕事は難しい。そこで、たみ子は故郷の古くからのいい伝えで、男を知らない処女が身体で飲ませるわかめ酒を、男たちにふるまった。たちまちたみ子は、一番の売れっこになった。昼間の学校にかわり、昼は勉強、夜はお座敷の毎日で高校生芸者たちはご機嫌だった。面白くないのは他の芸者たちで、様々な手を使って妨害したが、たみ子たちにはかなわなかった。ある日、文造とトキがひで香を北海道へ売りとばしたのがばれたため、三ヵ月の営業停止をくった。たみ子たちは、これを機会に「分富士」の鑑札をゆずり受け、自前芸者で再出発した。芸者の伝統を被る四人に頭に来た柳橋芸者りん哉だったが、明るく素直な性格の四人を見て、すっかり味方になってしまった。順調に貯金も増え、卒業をひかえたある日、やえ子が恋人に身体を与えて、芸者をやめた。つづいて、直江が旦那をとることになったが、その日にずらかってしまった。直江はすでに処女ではなかったのだ。ショックを受けた安代も、田舎へ帰って商売を始めると言って去っていった。ただ一人残されたたみ子は、悄然となったが、そんな彼女の前に、可愛らしい女子高校生咲子が現われ、芸者になりたいと言う。たみ子は咲子とともに、再び芸者をつづける決心をするのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。