日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪猫 呪いの沼
カイネコノロイノヌマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年07月12日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Cursed Pond  
上映時間
86分  

もと新東宝で、怪談映画を手がけていた石川義寛が、シナリオと監督を担当した“化猫”もの。撮影は「博奕打ち 殴り込み」の赤塚滋。

スタッフ

企画
岡田茂松平乗道
脚本
石川義寛
監督
石川義寛
撮影
赤塚滋
音楽
富田勲
美術
井川徳道
照明
和多田弘
録音
渡部芳丈
スチール
杉本昭三
編集
堀池幸三

ストーリー

元和元年夏。肥前佐賀城主竜造寺高房は、家臣鍋島直茂の謀反により無残な最期を遂げ、また高房の妻清姫は日頃可愛がっていた猫とともに、沼に入水自殺を図った。それから十年、城主となった直茂は女狂いに明けくれる毎日を送っていたが、ある日、小普請支配役の津山の娘雲路に目をつけた。しかし、雪路には結城丈之介という恋人があった。丈之介は雪路とともに脱藩を図ったが、見破られて惨殺された。ちょうど、十年前に清娘が自殺した沼のそばである。二人が殺された時、何処からともなく現われた猫が、その死体を隠してしまった。この奇怪な事件は直茂の耳にも入り、直茂は手当り次第に女中を無礼討ちにするような狂態を示した。佐賀城は、それ以来、猫の怨霊にとりつかれてしまった。年寄日向の局が死体を食ったり、直茂の寵愛する女たちが次々と変死を遂げていったのである。一方、直茂に対する謀反をたくらむ家老の主膳は、娘の百合を大奥に差し出そうとしたが、それを嫌がる百合は秘かに自害した。しかし、百合の死骸のそばに現われた猫が彼女に乗りうつると、たちまち息を吹き返した。百合はそのまま大奥に上った。その頃、直茂の子千代丸と中頭小夜が原因不明の熱病に冒され、小夜は絶命。たまたま百合から、熱病は千代丸の母親おりんか猫にたたられているからだと知らされた直茂は、おりんを斬り殺してしまった。また、主膳はそんな直茂に斬りつけたが、逆に殺されてしまった。しかし、すでに乱心の極に達していた直茂は、自らの手で千代丸を斬り、何者かに誘われるように沼の中に入っていくと、断末魔の声を残して死んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。