日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

怪談おとし穴
カイダンオトシアナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年06月15日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Pit of Death  
上映時間
78分  

「喜劇 初詣列車」の舟橋和郎がシナリオを執筆し、「ラーメン大使」の島耕二が監督した怪談もの。撮影は「毒薬の匂う女」の小原譲治。

スタッフ

企画
塚口一雄
脚本
舟橋和郎
監督
島耕二
撮影
小原譲治
音楽
大森盛太郎
美術
柴田篤二
照明
木村辰五郎
録音
三枝康徐
編集
鈴木東陽
スチル
椎名勇

ストーリー

倉本治夫は、月商数十億円を誇る日本貿易の業務部長。鋭敏明晰な頭脳と抜群の行動力で、出世街道を驀進する若きエリートだった。社長の信頼も厚く、やがて社長令嬢みどりと結婚した。世界一周の豪華新婚旅行から帰った翌日、倉本は一人の男の訪問を受けた。男は文書部に勤務していた西野悦子の兄だった。彼は悦子が失踪したことや妊娠していたことに心当りを求めてやって来たのだった。倉本は西野を冷たくあしらった。社内に異変がおこったのは、それからだった。深夜無人の文書部室からタイプの音が響き、悦子が使っていた席に坐るタイピストは次々と体調をくずしていった。悦子の怨霊だと騒ぐ部下を叱り、倉本は不敵に微笑んだ。悦子を殺害したのは、その倉本だった。倉本は悦子と婚約していたが出世欲には勝てなかった。倉本は南米のバイヤーと年間九十八万ドルの契約を結んで、社長に認められたが、その蔭には悦子の肉体提供という犠牲があったのだ。やがて悦子は、倉本とみどりの結婚話が進んでいることを知り、倉本に結婚を迫った。悦子を捨てるかそれとも出世を諦めるか。倉本は綿密な計画を練り、悦子を深夜の会社に呼び寄せた。屋上と地下を結ぶパイプシャフトに投込まれた悦子の死体は、誰にも発見されなかった。ある夜、倉本が一人会社で残業をしていると、タイプの音が聞えてきた。だが文書部に人影はなく何の異常もなかった。ところが次の一瞬、倉本の顔が蒼ざめた。何気なく触れた椅子に、ぬくみがあったからだ。時計は悦子を殺した時刻を指している。そして彼が目をやるところすべてに、自分を見つめる悦子の顔があった。さすがの倉本も錯乱した。幻覚か、誰かの策謀か、あるいはまだ悦子が生きているのかも。倉本は死体確認に地下室に降りていった。そこには、西野が待ち構えており、追いつめられた倉本は、自分が悦子にしたようにパイプシャフトに落ちていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。