日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

昭和のいのち
ショウワノイノチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年06月22日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Man of a Stormy Era  
上映時間
165分  

「わが命の唄 艶歌」のコンビの池上金男と舛田利雄がシナリオを執筆し、舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は「関東刑務所帰り」の横山実。

スタッフ

企画
高木雅行
脚本
池上金男舛田利雄
監督
舛田利雄
撮影
横山実
音楽
真鍋理一郎
美術
木村威夫
照明
藤林甲
録音
沼倉範夫
スチール
井本俊康
編集
井上親弥

ストーリー

昭和初期。不景気、金融恐慌、政党政治の腐敗、大飢饉、女工哀史、エロ・グロ・ナンセンスの流行と、度重る暗い世相に、人々は戦争の予感におびえていた。愛国の士たちがこの現状をうれえて、七誠会を結成し、政治家や財界人を狙う一人一殺のテロを計画した。この中に、帝大を出た日下真介もいた。やがて、彼らの手で多田蔵相、大友男爵らが暗殺された。真介は草薙首相の暗殺を狙って、首相官邸に忍び込んだ。しかし、真介は逆に国家の未来を悟され、自分の不明を知らされた。一方、相次ぐ事件に、七誠会は特高に狙われ、身辺の危うくなった真介は田舎に逃げようと思った。しかし、それを裏切りと誤解した仲間の一人に射たれ、列車から落とされたのだった。瀕死の重傷を負った真介は、浅草のテキ屋の親分佐久良によって助けられた。それから間もなく、草薙は五・一五事件でけっ起した将校によって殺された。傷の治った真介は佐久良の家でぶらぶらしているうちに、やくざとは逢違ったテキ屋の世界を見て、この道で生きる決心をした。そんな真介は、佐久良の息子で、陸軍中尉の市郎と気持の通じあうものがあった。ある日、浅草の種ヶ崎紡績で女工の脱走騒ぎがあり、女工を酷使する種ヶ崎の用心棒をやっている黒崎組と佐久良組が激しく対立した。真介は脱走したために玉ノ井の私娼窟に売られた静を助け出したが、その時に、もう一人の女、はるも連れ出した。はるはかつて真介と愛を誓った仲だったが、いまは落ちぶれ、玉ノ井にいたところだった。この事件に怒った黒崎は、佐久良組と真介に、悪どいいやがらせをつづけた。そんな時、はるは自分の汚れた身体では真介との愛は貫けぬと思い、ついに自殺してしまった。真介の衝撃は大きかった。しかも、間もなく佐久良が、黒崎の卑劣な罠にかかって闇うちにされてしまったのだ。佐久良組にとっては危急の事態だったが、真介は佐久良の友人笹島の勧めや、子分たちの勧めもあり、佐久良の娘奈美と結婚して自ら佐久良組の後を継ぐことになった。そして、親の仇をうとうとする市郎を止め、自ら白鞘を握って黒崎組に殴り込んだのだ。真介は激闘の後に黒崎を倒した。一方、市郎は、かねてから仲間の将校と重臣暗殺のクーデターを計画し、そのための訓練をつづけていた。折りから日本は、やがて来る軍部独裁と中国大陸での戦争をひかえて、激動の運命にまき込まれようとしている時だった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。