日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

首領への道(2003)
ドンヘノミチ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
115分  

激しい抗争と謀略渦巻く中で、極道社会のトップを目指して突き進む男の姿を描いたヤクザ映画。監督は「必殺!三味線屋勇次」の石原興。村上和彦による劇画を基に、「新・第三の極道・」の大津一瑯と『首領への道19』の高田拓土彦が共同で脚色。撮影をなり・とが担当している。主演は「龍虎兄弟」の清水健太郎。

スタッフ

原作
村上和彦「首領への道」(竹書房刊)
製作
佐藤三郎
監督
石原興
製作総指揮
村上和彦
プロデューサー
田中政裕
アソシエイト・プロデューサー
水野純一郎山本芳久
キャスティングプロデューサー
藤原裕之辰巳佳太
撮影
なり・と
照明
土野宏志豊浦清山
録音
河合博幸
美術
原田哲男
装飾
木下保
脚色
大津一瑯高田拓土彦
企画
村上劇画プロ
制作
村上劇画プロ
キャスティング
イップエンターテイメント

ストーリー

大阪・十三。古くからこの地を仕切る島田組の組員・桜井とその兄弟分・金沢は、賭場を警察に密告した敵対組織・白虎会の幹事長・大津を殺害。金沢はひとり、罪を被って12年の刑に服すが、事態は戦争勃発の危機に陥ってしまう。そこで、桜井は命を賭してこれを阻止。その気迫に打たれた白虎会の会長・城崎を引退に追い込み、交換条件として彼の跡目の越智を舎弟にする。7年後、桜井は若頭になっていた。そんな彼の下、越智は桜井の命を狙う者たちへ徹底的に死の制裁を加えた。非情とも言えるその行動は、しかし桜井を首領に押し上げる為には、邪魔だてする者は全て排除すると言う越智の決意を極道社会に知らしめた。だが、それを面白く思わない同じ組内の梶原は、二代目組長・佐久間の病死を機にクーデターを画策。松岡連合と秘かに通じるが、全てを越智に察知され、破門か盃を改め桜井の配下に入るか選択を迫られた末、配下に入ることを決める。こうして、島田組三代目に選ばれた桜井は盛大な襲名披露式を行うが、その時、彼はまだ間もなく出所を迎える金沢との間に、兄弟相克の嵐が吹き荒れることを知る術もなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。