日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

マグマ大使
マグマタイシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年03月19日 
製作会社
東急エージェンシー 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
25分  

手塚治虫の原作漫画を山浦弘靖が脚色し、「忍者部隊月光」の土屋啓之助が監督した特撮もの。撮影は気鋭の須藤登。

スタッフ

企画
東急エージェンシー
製作
ビープロダクション上島一男
原作
手塚治虫
脚色
山浦弘靖
監督
土屋啓之助
撮影
須藤登
音楽
山本直純
美術
薩本尚武
照明
猪原一郎
特撮監督
小嶋伸介
録音
アオイスタジオ
編集
田賀保
ナレーション
田口計

ストーリー

地球征服を企むゴアの武器は、怪獣ガレオンである。ガレオンの口から吐き出される熱線は人間を青血病にしてしまうのだ。青血病にかかった人間は赤血球の働きが止まり二十四時間以内に死んでしまう。ゴアは、治療法のないこの病気を治せると言って、集ってくる患者を人間モドキにしてしまった。人間モドキはゴアに自由に操られるため、地球は大混乱に陥った。そのころ、マグマ大使の生みの親アースから、バランゴ島のバランゴという植物が、青血病に効くときいた大使の息子ガムはマモルと共にバランゴ島に飛んでいた。ザンバを道案内に、学者の娘マリアをも伴ったガムは、その島でバランゴを探し歩いた。ところが、ようやくバランゴを見つけた時、そこにはゴアの手下怪獣ドロックスが待っていたのだ。しかも、ゴアはガレオンをもこの島に送り込んできた。ガムたちの身は危機一髪の危険にさらされたがその時、マグマ大使が現われた。大使はガム一行の危急を知って急ぎ飛んできたのだ。たちまち、マグマ大使と二大怪獣との壮烈な闘いが始まった。大使の武器であるロケットも怪獣たちにはなかなか効果をあらわさない。そのうち人間モドキも現われ、マシンガンで大使を狙った。しかし、人間モドキはガムに倒されてしまった。そして大使とガムの変り身の速さに同士討ちを始めたドロックスとガレオンだったが、ガレオンは喉を喰いちぎられて倒れ、残ったドロックスも、マグマ大使とガムに倒されたのだった。勝負を見に円盤で飛来していたゴアは、自分の負けを悟って去っていった。こうして、無事にバランゴを手に入れたマグマ大使とガムは、首を長くして待つ青血病患者たちのもとに急ぎ飛んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。