日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続 浪曲子守唄
ゾクロウキョクコモリウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年04月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Daddy's Lullaby  
上映時間
88分  

「浪曲子守唄」の池田雄一がシナリオを執筆し、鷹森立一が監督したやくざもので、“浪曲子守唄”シリーズ第二作目。撮影も前作同様西川庄衛。

スタッフ

企画
扇沢要吉田達
脚本
池田雄一
監督
鷹森立一
撮影
西川庄衛
音楽
菊池俊輔
美術
江野慎一
照明
川崎保之丞
録音
渡辺義夫
編集
長沢嘉樹
スチル
丸川忠士

ストーリー

文吾が向う傷のジョーと共に出所した時、文吾の子供健一を預っていた照子は母に死なれて生活に困り、健一を知人に託して遠国に身を売っていた。それから文吾が健一を連れて照子を探す旅が始った。ある雪国の町に来た文吾は関東たつまき一家の銀造の許可を得て香具師の商売を始めたが根岸組に店を壊されてしまった。新興勢力の根岸組はこの町で次第に縄張りを拡げていたのである。親分を何者かに殺された銀造は未亡人のいくと跡継のタカシの成長を楽しみに根岸組に対していた。ある日、この町で女中をしている照子を見つけた文吾は彼女を妾にと狙う根岸から救い出し、逃してやった。そして彼女の口から銀造の親分を殺したのが根岸であることを知った文吾は銀造にそれを伝えた。そんな騒ぎの中でタカシと健一は仲良しになっていったが、照子のことや、またあくまで対抗する銀造に腹を立てた根岸は、タカシをさらった。それを聞いて根岸組に駆けつけた文吾は、そこの用心捧におさまっているジョーを見て驚いたが、タカシを渡すよう根岸に迫った。一方、銀造も親分の仇を討つ好機と駆けつけたのだが根岸を刺したのは意外にもジョーだった。彼は銀造の一人息子で、根岸に近づくため用心棒になっていたのである。根岸の子分たちは親分を失って動揺したが激しい乱闘になり、ジョーは死んだ。そして、生残って散り散りに逃げていく根岸の子分たちがいなくなった後、銀造は一人で罪を負って自首した。いくと共にその銀造を見送った文吾も、健一を連れて再び旅に出るといくに告げた。いつか文吾に好意以上のものを感じるようになったいくだが、ただ黙って見送るより仕方がなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。