日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の罠
ヨルノワナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年01月28日 
製作会社
大映 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

コーネル・ウールリッチの推理小説「黒い天使」を、「兵隊やくざ大脱走」の舟橋和郎が脚色し、「愛の手紙は幾歳月」の富本壮吉が監督したミステリー。撮影は「処女受胎」の小原譲治。

スタッフ

企画
藤井浩明
原作
コーネル・ウールリッチ
脚色
舟橋和郎
監督
富本壮吉
撮影
小原譲治
音楽
池野成
美術
間野重雄
照明
木村辰五郎
録音
渡辺利一
スチル
柳沢英雄
編集
関口章治

ストーリー

真鍋藍子は信じていた夫、赫也の浮気を知って愕然とした。激しい嫉妬にかられ彼女は女のアパートを訪ねた。女の名は戸川麻美といった。麻美は留守だった……。藍子が憑かれたように部屋に入った時、電話が鳴った。電話の主は夫だった。藍子が奥の部屋で麻美の死体を発見したのはこの直後だった。夫の名がのっていた麻美の手帖を持つと藍子は一目散にアパートを立去った。直ぐ夫の会社へ電話をいれたが夫は留守だった。その日の夕方藍子は刑事につきそわれた夫を迎えねばならなかった。しかもアパートにかかってきた電話はアリバイにはならないというのだ。無実を叫ぶ夫の姿に今では嫉妬も消え失せ藍子は自分の力で真犯人を探し出そうと決心するのだった。麻美の男関係ののっている手帖を手がかりに、クサイと思われる四人にかたはしから電話をかけ、訪ねていった。まず松谷、麻美のかつての恋人で、今はアル中で山谷に住んでいた。が、藍子はシロとふんだ。次の男森戸は、麻美とは麻薬の密売をやっていた間柄だ。た。さて三番目の男馬場はある会社のサラリーマンで、麻美にかくしての社長の娘との結婚ばなしがバレ、麻美に脅迫されていた。その直後に麻美は殺されたのだった。最後の男林はキャバレーの経営者だった。ここで藍子は意外な事実を知った。麻薬密売に関し、森戸--林--麻美という線が浮び上ったのだ。こうして藍子は四人の男に巧妙な罠をかけながら近づいていった。もはやこの四人の中の誰かが真犯人であることは疑う余地はなかった。中でも藍子は馬場に一番のひっかかりを感じるのだった。果たしてある日、自ら藍子の前に現われた馬場が真犯人だったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/12/25]

映画情報を53件更新しました。

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。